ギター寅さんの日記 |リペアの仕事

Entries

スポンサーサイト

2011年10月16日 オービル・レスポールのレストア⑦ いよいよ組み上げ、そして完成

①パーツを組み込む前に、水に中性洗剤を溶かし、固く絞ったぞうきんで、ボディ全般の汚れを落とします。これがなかなか、効果てきめんです。②ピックアップをマウントします。とりあえず、リアピックアップはオーナーさんが持ってこられました。③ペグやその他ハードウエア類をマウントします。③最後に配線作業をして、弦をはり、テンションやピッチを確認します。ミックスポジションでフェイズアウトしていたので、リアピックアップ...

2011年10月15日 オービル・レスポールのレストア⑥ インレイその3

①エポキシボンドが乾いたら、マスキングテープを剥がします。余分にはみ出した接着剤は、ある程度マスキングテープが持っていってくれますが、フレットボード上に残ったものをコンパウンドを使って落としていきます。本当はサンドペーパーを使えば、すぐに終わる仕事なんですが、一緒に材木まで削ってしまう恐れがあるので、根気よく、コンパウンドで落としていきます。②コンパウンドであらかたきれいに磨いたら、今度は「光」を使...

2011年10月13日 オービル・レスポールのレストア⑤ インレイその2

①アクリルで成型したインレイ材が入ってきました。本当なら、こんなやり方はありません。何度もういうように、フレットを取り外し、アバロンなりパールのインレイを入れて、フレットボードを磨きなおすのがスジです。でも、予算の都合の都合があるってのなら、何とかしてやろうじゃないか!ってことで、こんなやり方を採用しています。②インレイ材は若干大きめに注文をしたので、サンドペーパーなどで少しばかり形を修正します。③...

2011年10月8日 オービル・レスポールのレストア④ パーツの段取りその他

あちこちの部品に欠品、サビ、破損があり、それをひとつずつ追いかけていきます。まず、配線から。フロントのボリュームの不良と、トーンコントロールのシャフトが折れていて、交換をしました。あとは、ギターに乗っけるだけの状態にしておきます。それから、破損したペグを交換するために新しいペグを仕入れました。それにあわせて、古いペグも磨きなおしが必要になります。さすがに新品のようにはなりませんが、さびや緑青は取れ...

2011年10月7日 オービル・レスポールのレストア③ インレイその1

本当は、前回紹介したピックアップよりも先にするべきことだったんですが、オーナーさんも新しいPUを段取りしなければならないこともあったので、先にピックアップを確認したしだいです。とりあえず、ギターからパーツをすべて取り外して、段取り的なことをはじめます。まずは、全部取れてしまったインレイから。なんと、このレスポール、指板のインレイが、全部、しかもきれいに取れてしまっています。何でそんなことになるのか、...

2011年10月4日 オービル・レスポールのレストア② ピックアップ

さて、鳴らないリアピックアップです。おそらく新品の時は鳴っていたのでしょう、壊れたものは直る、そのつもりでとりあえずカバーをはずしてみました。配線は無傷のようです。外観からは何が原因なのかわかりません。テスターで調べてみると、スラッグポールピース側のコイルは生きていましたがこちらのアジャスタブルポールピース側がどこかで断線しているようです。巻いてあるテープを慎重に剥がして、コイルの状態をチェックし...

2011年10月3日 オービル・レスポールのレストア①

お客様からオービルのレスポールのレストア依頼を受けました。しかし、このギター、満身創痍・・・、それでも、某リサイクルショップからこのギターを引き取ったのは、その美しいレモンドロップの色合いに惹かれてとのオーナーのお話でした。ひどい状態です。ペグは曲がっている、リアのピックアップはダウン、TOMもサドルが全滅、なによりも一番痛いのは、フィンガーボードのポジションマークが完全に取れてしまっていることです...

2011年9月28日 ジャズマスターを使いやすく②

さて、ジャズマスターを弾いていると必ず起きるトラブル、弦落ち、サドルイモネジの浮き上がり、ブリッジの沈み込みをいかに解決するか、考えていきましょう。今日もご教示いただいたのは、今回も例によって、名古屋のMr,ジャズマスター、OzimasGuitarAtelierの佐溝くんです。これらブリッジ周りのトラブルの原因は、このパーツです。まず、ブリッジを乗せている部品を支える棒と、ボディの穴の大きさがぜんぜん違います。要するに...

2011年9月27日 ジャズマスターを使いやすく①

正直、そのままだと使いにくいジャズマスター。ただ、そのキャラクターはなかなか魅力的なものがあり、この夏、僕も衝動買いしてしまいました。ハイパワー、ハイエンド、こだわればいいギターはいくらでもありますが、あえてこの不完全な楽器を、手にとらせてしまう魅力がこのギターにはあります。それならば、使い勝手のいいように改良していきましょう。まずは電気系統からです。ピックアップを交換すればもっと弾きやすくなるん...

2011年9月25日 ピックアップの巻き直しと回路の改造

①先日、コイルの巻き直しをやったベース用ハムです。(詳しくはこちらの記事をご覧ください。)http://guitartiger.blog54.fc2.com/blog-entry-888.htmlhttp://guitartiger.blog54.fc2.com/blog-entry-889.htmlようやく、本体が届き、このピックアップを搭載し、お客様のご要望にあわせた回路を搭載することになります。フロントには、リンディ・フレーリンのPB用が搭載されています。もともと、このピックアップはアクティブ回路...

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。