ギター寅さんの日記 |エレキギター考

Entries

スポンサーサイト

2009年12月8日 テレキャスがいっぱい。

先月末、リペアで入ってきたアメリカンテレキャスターとともに。後ろに、自作のシンラインもどきも・・・・。なんか、いっぱいあっていい感じです。いままで幾度となくこき下ろしてきたコレクターの気持ちが、最近なんとなくわかってきたような気がしました。...

2009年7月22日 ラージヘッド考

こんな書き方をするとまた怒られるかもしれませんが、僕は、ギターのヘッドの形なんて、別に何でもええやんけ、と思うほうです。演奏するフィーリング、音に対してほとんど影響がないからです。そりゃ、音響測定機器を使えば、木材の質量が違う分、何らかの違いは見出せるでしょうが、おそらく、ラージヘッドと通常のヘッドの音が違うというのは、ヘッドの形状ではなく、ボディやハードウエアの違いがそうさせているのだろうと思い...

2009年6月24日 晴 ストラト考

ストラトのみならず、いわゆる648㎜スケールを持ち、シングルコイルが搭載されているギターすべてに共通していることかもしれませんが、やはり、最大の特徴は、立ち上がりの鋭さと、中高音の抜けのよさ、低音のドライな感じ、そこに尽きると思います。そしてこれらのキャラクターは、どんなエフェクターやアンプを持って歪ませたときにも、心地よいスピード感が得られることができる要因だと思います。これまで、僕自身数本のスト...

2006年4月16日 晴 もっとも「らしい」エレキギターとは

唐突な感じがしますが、この世にあるエレキギターで一番完成度の高いものは何かと問われたら、僕自身の思い入れもあるのですが「テレキャスター」ではないかと思っています。このギターの生い立ちは他の詳しい人たちに任せるとして、何がすごいのか、僕なりに考えてみようと思います。テレキャスターは1950年代に発明された、いわずと知れた人類初のソリッドボディーギターです。共鳴する部分を持たない構造は音を奏でる道具として...

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。