ギター寅さんの日記 |2010年04月

Entries

スポンサーサイト

2010年4月30日 配線修復

古いヤマハのセミアコの修理調整をしています。いろいろ、トラブルがあったのですが、電気系統のダメージが大きく、部品の劣化もあって、できる限りオリジナルの雰囲気を残しつつ、修復を試みました。なかなか、今では手に入りにくいポットやスイッチが使われており、何とかそれを使いたかったのですが、何よりも、楽器としての機能を復活させることをうちは重視するので、ためらわずに新しい部品を使うことにしました。古いギター...

2010年4月29日 トリペル誕生!

てなんやねん、といわれそうですが、僕の大好きな、そしてその賢さと行動力については、尊敬すらしている、そーちゃんとなかむら君が、烏丸寺の内西入るにてオープンするカフェです。http://tripel.blog2.fc2.com/5月17日開店予定です。このブログをごらんの皆様にお願いがあります、どうか、どうか・・・・・。行ったってくださいませ!そーちゃんと中村君のみせ、トリペルをよろしくお願いします。...

2010年4月28日 GW中の営業について。

とりあえず、GWですが、今のところ特にどこかに行くとかはありません。日曜祝日が休日ってことになってますが、ご連絡をいただければ、随時対応しますので、どうぞ、ご遠慮なくお声掛けください。なお、多数のお客様がお見えになられる可能性がありますので、恐れ入りますが、お見えの際はご一報ください。それから、京都を離れる予定がありますので、5月2日、3日は休業させていただきます。何卒よろしくお願いします。4月29日 ...

2010年4月27日 ハムバッカーキットが届く

とりあえず、採寸と構造を知るために、ハムバッカーのキットを入れてみました。とりあえず、いま漆と金具の件が進んでいる京都屋さんのエクスプローラーに乗せてもらえるのを目標に、オリジナルで作ってしまわずにちょっと改良したものを作ってみたいと思います。しかし、こいつを一から作るとなると、また大変です。ボビンは明らかに射出成形でできており、また、ベースプレートもプレスで作られているようで、本格的にラインナッ...

2010年4月26日 熱い息吹

先日来、実に興味深いギターを触らせていただいています。両方ともヤマハなんですが、まずは、SA-50Bというセミアコギターです。335のコピーみたいなのですが、フェンダーのダイナミックトレモロ見たいな仕組みのトレモロが搭載されていたり、二階建てになったポットがついたりしています。資料によると、発売は1968年ごろとのこと。おおかた40年も前のものです。ある意味、骨董的価値のほかに、浜松市の楽器博物館的なもの...

2010年4月25日 臨時休業のお知らせ

5月2日から3日午前中まで、臨時休業いたします。よろしくお願いします。GW中、それ以外は普通にやってますんで、よろしくお願いします。7月、唐突な話にかもしれませんが、いまお付き合いをさせていただいている中学生の軽音楽部のライブがあります。詳細は決まればまた連絡しますが、どんなステージになるのかとても楽しみです。連休が明ければ、この子達の練習もだんだんと熱が入り、僕のほうは僕のほうで、発売を開始するピッ...

2010年4月24日 ハムバッカー・ピックアップの試作

といっても、StewMacのキットを使って、とりあえず、古いギブソンのコピーからはじまることになりますが。でも、正直なところ、今まで使い込んできたギターはシングルコイルのほうが多かったので、僕のなかで、確固としたハムバッカーの音像がありません。とりあえず、こいつを作ってみて、考えようと思っています。その先どうなるかは、まだ未定ですが。...

2009年4月23日 古いフェルナンデスのギター

修理・調整ではいってきたフェルナンデスのストラトです。とても懐かしいギターです。ちょうど僕らがギターを弾き始めたころのものです。とりあえず、詳細を調べたくてネットで検索していたところ、フェルナンデスのサイトに、かつてのカタログを掲載したページにたどり着きました。http://www.fernandes.co.jp/others/catalog/list.htmlとくに、1985年の、ナイトレンジャーのブラッドギルスが表紙になったカタログは、ちょうど初...

2001年4月22日 後輩たちを受け入れる

我が母校、京都精華大学の人文学部の学部長さんから久々にご連絡をいただきました。いつも、大変お世話になっている方です。その先生いわく、大学のカリキュラムの中で、正規授業に夏休みのインターンシップというものがあるそうです。先生方が紹介した企業や農場、店舗に7月から8月の約二週間研修に入り社会との接点で学ぶ科目だそです。光栄なことに、当店を選んでいただきました。もちろん、謹んでお受けするつもりです。先生...

2010年4月21日 コピーのススメ

これって、いろいろな意味で大事なことだなと、いまさらながら。もちろん、コピー商品とかは絶対にダメだとしても、たとえば、フェンダーのコピーを作るとかいうのは、実は、ギターのことを深く知る上で重要なことです。現在の日本のギターメーカーは、やはりフェンダーやギブソンのコピーを、本家よりも高いレベルでコピーしていたからこそ、今の地位があるわけです。それと同じで、バンドをやっていたら、コピーって必ずやります...

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。