ギター寅さんの日記 |2010年06月

Entries

スポンサーサイト

2010年6月30日 金と黒のエクスタシー その2

とりあえず、昨日紹介したエクスプローラー、ペグ以外をセットアップしました。まず、漆の色が絶妙です。ラッカーを吹きつけたかのような光沢が出ています。なかなか、良い感じです。で、飾金具を配置して、ゴールドパーツをおごる、ということは基本路線ではありましたが、ピックガードからエスカッションまでぜんぶ金色にしてしまうのは、なんか違うなあと思い、いろいろ考えあぐねた結果、こんな風になりました。漆の色とバラン...

2010年6月29日 金と黒のエクスタシー

京都屋さんとのエクスプロラー漆プロジェクトですが、本日本体が仕上がってきました。マホガニーの質感を十分に生かしながら、素材になじむ漆を刷り込んで、つやが出るようにしました。で、手配してあったパーツを仮組みしてみました。ピックガード、ヴォリュームツマミが黒く、ピックアップもゼブラなので、あえてTOMとテールピースのアンカーも黒のままにして、コントラストを強調して見ました。もともと黒一色で、平面的でベタ...

2010年6月28日 英語力

副業で使っているとはいえ、英語が本当にできなくなりました。びっくりするぐらい単語を忘れていますし、以前ならぜんぜん大丈夫だった向こうの映画も、もはや字幕なしで楽しむこともできなくなりました。幸いなことに、ギターの仕事に関してはぜんぜん問題なく話したり、書いたり読んだりできますが、いかんせん回りの人たちはすべて日本の方ばかりなので、英語を使うことがほとんどありません。よく考えれば、大学時代のうるさか...

2010年6月27日 業界人である前にいちプレーヤーであれ。

※無断借用木村君ごめんなさい。先日から夏風邪を引いて少し具合が悪いのですが、昨日バンドの練習にスタジオに出向きました。8月29日に、またしてもライブがあるからです。最近ことに、強く感じることではありますが、やはりこんな仕事をしている以上は、業界人である前にいちプレーヤーであるということを、意識しておかねばならないと思います。ギタリストよりも、さらに突っ込んでいけば、いちバンドマンであること、そのことの...

2010年6月26日 たのんだでえ~!

先日エクスプローラーで作ってみた飾金具、手彫りってことであれば、こちらで考えたデザインを持ち込んでも、できるかもしれない・・・・。そう思い立ったので、何かを作ってみようと思いました。とりあえず、今進行中のテレキャスターに金具をつけてみようと、デザインを考えてみましたが、いかんせん僕のような平凡な人間に、デザインはあまりにも大きすぎる課題です。そこで、知り合いの子で、図柄や図案などをやっている子がい...

2010年6月25日 あたしいことに挑戦するということ。

漆の世界で、しかも京都という保守的な土地柄で、エレキギターに漆を施すということが、以下に突飛なものなのか、漆職人のSさんの話を聞いていると、それを強く感じます。また、和風建築に使う飾金具を応用して作った飾金具にしても、その筋の人からすれば、「なにをやっているか?」といわれそうな仕事ではあります。楽器業界からも同じような反応でしょう。漆仕上げが一般的にならないのは、業界の人の無理解というよりかは、そ...

2010年6月24日 進化する色目

いま、アルテロさんたちと企画している展示会に出すギターの製作をすすめています。オーソドックスなテレキャスタータイプですが、オリジナルのピックアップに、アクリルで作ったオリジナルロゴ入りのピックガード、そして、拭き漆を施そうと考えています。やるからには、とことんうちのオリジナルアイデアを入れ込んだ一本に仕上げる予定です。昨日、いつもお世話になっている漆職人のSさんがお見えになり、サンプルをおいていか...

2010年6月23日 「印象に残る」ということ

ライブをやるといっても、たいていの場合、アマチュアならいくつかのバンドで寄って、ライブをしたりすると思います。いわゆる、タイバンなんていわれるものです。いろいろなライブに行きましたが、そこでふと気が付いたことがあります。たとえば、熱狂的なファンが付いているならまだしも、たいていそういうライブの時は、お客さんはお付き合いできてくれるようなことが多いと思います。そこで、よくおこることなのですが、いくつ...

2010年6月22日 エクスプローラー漆プロジェクト、金具ができてくる。

意外と(?)表面積のひろいエクスプローラー。そのまま、拭き漆をしっぱなしってのも良いのですが、ここは一つ和風でもう一ひねりしてみようと、以前努めていた会社にお願いして、金具を作ってもらいました。三角のものはそれぞれ角のところに、そして、穴の開いたものは、ピックガードを少し加工して、トグルスイッチをそこに取り付けます。最初は金メッキを考えていましたが、その会社に今も勤めている後輩君が、消しめっきと間...

2010年6月21日 こんな日本にだれがした。

いつもお世話になっている立命館大学のEさんが、就職活動で出かけたついでにうちによってくださいました。州活が落ち着いたら、ベースを一本買うので、それをこってりいじりたいとのことで、ご相談にこられたのです。さて、関西でも屈指の有名大学である立命館を卒業していても、就職は厳しい・・・・。なんて時代でしょう。たぶん、これは不景気だけが原因だけではないと思います。まず、優秀な学生さんは、やはりどこかで、いず...

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。