ギター寅さんの日記 |2012年03月

Entries

スポンサーサイト

2012年3月31日 ありがたいお話です。

先日より、エアワウをお試しいただいているQuiの林さんから、様々な改良点をご指摘いただいております。とくに、エフェクターの機能として、看過できない欠陥も出てきており、これらの改良点を、事細かにご指摘をいただき、本当にありがたい限りです。また、今日は、先日のES345のお客様もお見えいただきました。とりあえず、ピックアップの配線を元に戻し、お詫びに、もう一本サービスでギターのメンテをさせていただくこ...

2012年3月30日 謹んでお祝い申し上げます。

※桜井さん、写真お借りしました・・・・、まずいなら言ってください削除します。いつも漆ギターでお世話になっている漆職人の桜井さんが、このたび通産省認定の伝統工芸士になられました。親子三代で、しかも最年少での受賞とのことで、本当にすばらしい限りです、謹んでお祝いを申し上げます。これからも、GWNNの漆ギター、よろしくお願いいたします。...

2012年3月29日 40の手習い

姉小路製作所では、現在いろいろな商品の開発が続いています。今まではこちらが手で書き起こしたデザインを元に、H&KさんのところのフォトショップやCADで図面を起こしていましたが、それでは効率が悪いので、こちらもCADを入れることになりました。無償でダウンロードできるAutoCadから触ることになりますが、これで、H&Kさんとデータなどを共有できるようになるので、ピックアップカバーやその他のオリジナル...

2012年3月28日 わたる世間は知らないことばかり その3

SGのように見えますが、どうも、違うらしいのです。Gibsonのメロディーメーカーといいます。メロディーメーカーといえば、通常、フェンダーのマスタングみたいなシングルコイルが二発搭載されていて、それこそ、マスタングのフェイズスイッチのようなピックアップセレクタスイッチがあるんですが、これはピックアップが一発だけで、珍しい部類に入るようです。で、発売の経緯を調べてみると、いわゆるスチューデントモデル...

2012年3月27日 「流し」さんに学ぶ

ときどき、クラッシックギターの弦を張り替えてほしいというお願いを伺うことがあります。うちの在庫でよければ、弦代だけ頂戴して張ったりします。こういうギターを見ていて思い出すのは、昔はどこの盛り場にも、「流し」といわれる人がいたといういことです。流しさんは、よく、クラッシクギターを持っておられたような気がします。定かではありませんが、幼いころ、祇園や木屋町界隈で、ギターケースを抱えた人をよく見たように...

2012年3月26日 無法松とロシナンテと、ライブのお知らせ。

新しく、音楽ユニットを立ち上げることにしました。大学のときの同級生でもあり、うちのお客さんでもあるヨシアキくんとやることにしました。バンドではなくギター2本で、しかもエレキギターでやろうってことと、ユニット名は「無法松とロシナンテ」という名前にすること、それぐらいしか決まってはいませんが。夏までには何曲かこしらえて、ライブをやるかって言っています。そこで、無法松とロシナンテに歌わせたい楽曲を募集中...

2012年3月25日 あんまり、意味がない・・・。

10年ぐらい前だったか、ものすごくはまっていたアルバムがあります。ジャズピアニストのハービー・ハンコックさんが、いわゆるポップスのヒット曲をアレンジして、ジャズの腕利きと一緒に作ったアルバムです。ビートルズに始まり、プリンスの曲までカバーしてたようにおもいます。確かタイトルは、「New Standerd」って言うタイトルだったと思います。そのライナーノーツかなんかで書いてあったのですが、ハンコックさんは一応、ジ...

2012年3月24日 音楽の裾野をひろげる・・・

こういう考え方、大好きです。やもすれば、専門的な知識で一方的にまくし立ててしまいがちな私たち。本当のプロというのは、難しい技術や理屈を、ドヤ顔でいうのではなく、わかりやすく説明できて、初心者の人でも使ってみようかなと思わせてこそ本物です。これは、姉小路製作所のモットーにもあることですが。それを地で行くような楽器に触れる機会に恵まれました。Kヤイリさんの作っておられる一五一会という楽器です。難しいコ...

2012年3月23日 それはあかんやろ。

サラリーマン時代、僕は商売柄、わりと躾のうるさい会社にいました。ちょうど20代のころの話ですが、社会人としての基礎は、そこで作ってもらったように思います。会社を辞めて、留学し、この業界に入って思ったことなんですが、商売柄なのか、わりとゆるいなあと感じました。それがいいとか悪いとか、そういう意味じゃなくて、そういうものなんかと、いろいろな発見がありました。しかしながら、どんな業界でも、というか社会人で...

2012年3月22日 お知らせ方々・・・・、

いつもお世話にないっている書家、上田普さんの展示会が開かれています。皆様ぜひともお越しください。僕も昨日お邪魔してきました。(詳しくは画像をクリック!)「上田普仕事中につき・・・。」日時 :3月19日(月)~31日(土)  25日(日)休廊    11時~19時(最終日17時)    20日(祝)17時~ ギャラリートーク&パーティー。場所 :あーとスペース夢玄    大阪市中央区釣鐘町1-6-2橋本ビル1F作家在廊日 :...

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。