ギター寅さんの日記 |2012年1月17日 あれから17年

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1010-f1cc4d13

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年1月17日 あれから17年

阪神大震災から今日で17年です。

まさか、生きている間に二度もこんな大災害にめぐり合うとは思っても見ませんでした。たくさんの人がなくなり、肉親も被災したりしましたが、自分は幸運にも2度とも大きな被害を受けませんでした。

これは本当に、運がよかっただけのことで、文字通り生かされていることを感謝しなくてはなりません。

だからこそ、僕はどこまでも、「絆」だの、「がんばろうニッポン」だのという言葉が嫌いです。大勢の人を死なせなければ日本人同士「絆」を意識することもなかった私たち。そして、被災した人々の生活再建への努力は、文字通り血の滲ようなことだとおもいます。

そんな人たちにかける言葉として、「絆」とか「がんばろう」なんて言葉は、どこまでも軽薄なように思えてなりません。

そんなキレイゴトを念仏みたいに唱えていれば、その人たちの立場にたっているつもりでいられて、現実からは目を背けられる、そんな都合のよさ見たいな物を感じるのです。

被災しなかった僕らの生活は基本的に何も変わってないし、震災の怖さもその現実もわかりません。でも、被災しなかった僕たちにも、それこそ現実の生活ってものがある。

被災した人から比べればとんでもなく楽チンなことかもしれないけれど、こっちにだって、こっちなりの戦いがある、そう、やらねばならないことがあると思うのです。

そう、幸いにも被災しなかったからこそ、僕たちは「できること」ではなく「しなければならないこと」を考えなければならないと思います。

それは、自分の仕事をきちんとやり、経済を回し、納税をすること。その税金をまともに使ってくれる政治家を、我々の手で育てること。子供たちをきちんと育てること、家族ときちんと向き合うこと・・・・。

問題が起きたときは、誰かのせいにするのではなくみんなで考えること。よその国を蔑むことが愛国心ではないこと、そんな当たり前のことをきちんとやり、この国をまともな方向に持っていくこと。それこそが、被災した人やなくなった人たちへの誠意だと思います。

::::ライブのお知らせ::::
jingichojo7.jpg
トリプルトラブルがライブをやります!
詳細は画像をクリック!
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1010-f1cc4d13

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。