ギター寅さんの日記 |2012年1月30日 昨日は

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1024-3a3394a9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年1月30日 昨日は

ライブにお見えいただいて誠にありがとうございました。相変わらずグダグダな進歩のないステージでした。本当に大勢の皆様にお見えいただいたのに、本当にすみませんでした。次はGWごろにライブ予定です。大学時代の友人のバンドと一緒に、「エリッケ・クラプトソ&ヅミー・ヘイジ ジョイントコンサート」というタイトルでやります。クラプトンやツェッペリンのコピーはしませんが、どうぞ、これに懲りずにまた来てやってください。

120128_1200~01

さて、今回のライブでは先行量産型の製作が進行中のエアワウと、写真に写っているアネフェクターシリーズのブーストを使いました。試作品が二つあります。そのうちの「試2」、すなわち試作2号機を使いました。エアワウは、動きがあるエフェクターなので見た目でお分かりいただけたかと思いますが、こちらはいわば、「隠し味」的なエフェクターです。

以前にも述べたとおり、歪んだり、オーバードライブしたりするのではなく、それぞれのプレイヤーがこしらえたサウンドをそのままに、必要なときにバンドのアンサンブルから頭ひとつ飛び出させるためのものです。1号機では、少し歪んだ感じがあったので、2号機ではさらにクリアになるように攻めています。

でも、まだまだ満足のいくものではありません。少しでも大きな信号が入ってくると、特に低音がひずみます。姉小路製作所のコンセプトとしては、ブーストはあくまでもブーストであり、ひずみではありません。そして、これが完成していない状態でエアブーストを作れば、演奏中にプレイヤーの思惑よりも大きく歪みが出てしまう可能性があります。

ギターに限らず、どんな道具でも、使っている材料のよさや、高いスペックを誇ることは簡単です。当然ながら、姉小路製作所のエフェクターには厳選された素材を使っています。しかし、それは、使い手の欲求や思惑、感性に応えるには当たり前にされるべきことであり、作り手がドヤ顔で語ることではありません。

高性能は一部のマニアや、上級プレイヤーだけのものではありません。初心者や中級者の方が使っても、その「創作意欲」をそそるものであればこそ、意味を成すものです。確かにニッチではあるけれども、あくまでも音楽の裾野や底辺を広げ、人々の「できること」をふやすこと、「俺はできる」と思ってもらえること、月並みな言葉で言えば、すなわち「プレイヤーの可能性」を拡げることこそ、姉小路製作所ブランドの使命だと思っています。

::::臨時休業のお知らせ::::
2月10日から12日まで 東京出張のため休業いたします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1024-3a3394a9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。