ギター寅さんの日記 |2012年2月14日 これは乱暴かもしれませんが①

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1038-48dc2f32

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年2月14日 これは乱暴かもしれませんが①



わたくしのメインギター、フェンダージャパンのテレキャスター、Eシリアルです。確か、高校入学のときにお祝いで買ってもらったギターで、この四月でこの人と連れ添って25年になります。自分の周りにあるものでは、「最高齢」のものです。

たとえ最高齢とはいえ、手入れをきちんとしていれば、いつまでも使えると思います。ハードは交換すれば何とでもなりますし、ナットやフレットは消耗品なんで、打ち換えたり取り替えたりが基本です。ボディも、少々塗装がはげても気にはなりません。

しかし、よる年波に、いかんともしがたいのがネックの材木の劣化です。やはり、年々痩せていきます。それは、トラスロッドがだんだんと利かなくなるということで、顕著に現れてきます。

このギターもご多分に漏れず、だんだんとロッドの利きは悪くなっていっています。だましだまし使っていますが、やはり何とかしたいなあと思っています。

そこで、こんなものを買ってきました。

120214_1540~01

電気部品の店に売っている、スプリングワッシャーです。ギターの世界ではなじみはないかもしれませんが、電気以外であれば、ホームセンターに売っている組み立て式のアルミ棚とかのボルトと一緒に入っているような奴です。

こいつを、トラスロッドのナットのところに、一枚挟んでやります。これで、ネジは少しばかり回る余地が生まれます。しかし、このまま締め上げたところで、ただやせている木材を締め上げるだけなので、結局はいたちごっこになります。

そこで、このワッシャーを仕込む前に、トラスロッドの穴に、レモンオイルをたらしておきます。穴の中がちょっと潤うぐらい、少し多い目に入れておきます。また、ローズ、あるいはエボニー指板ならば、指板に直接レモンオイルを塗り込んでもいいと思います。乾いてはすり込み、乾いてはすりこみ、数日繰り返すといいかもしれません。

さらに乱暴なやり方ですが、ヤカンの蒸気をこの穴のに当てるのもいいかもしれません。「そんなことをしたら材が狂うじゃないか!」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、やせている時点で狂ってしまってるんです。それを戻して、ロッドが利くようにもって行こうとしているのですから、そのツッコミはおかしいです。

とりあえず、今はトラスロッドのナットをはずして、材木にある程度の潤いを取り戻す作業をしています。これを数日繰り返してどうなるか、続きは次回の講釈で。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1038-48dc2f32

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。