ギター寅さんの日記 |2012年2月24日 それはあかんやろ その1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1048-7dc8edec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年2月24日 それはあかんやろ その1

K-213 Iligal Gibson

ザック・ワイルドモデルのレスポールカスタムのように見えますが、これが、粗悪な違法コピー商品なんです。いつもお世話になっている京都屋さんが入手されたもので、もちろん転売などはされず、資料としておいておかれるのだと思います。

さて、このギター。コピーをやるならもうちょっとちゃんとやれや、というのが第一印象でした。詳細はわかりませんが、その昔日本のメーカーが、本家本元を追い越せとばかりに心血を注いでコピーをしていたものとは比べ物にならないぐらいの粗悪さです。

有名ブランドをコピーして儲けようという考えなのはわかりますが、この程度の仕事でギター好きをだませると思ったら大間違いです。

PA0_0244.jpg
まず、驚いたのはネック回りです。おそらく、材料費を安く上げるためなのでしょうけれども、ヘンな節目のある材。バーズアイのつもりかもしれませんが、明らかに端材にしか見えません。で、このトラスロッド、よく見てください。ナットが付いておらずフェンダーみたいな六角レンチを突っ込むタイプです。しかし、近い寸法のレンチを突っ込んでも、どこか遊びがある中途半端なサイズです。

PA0_0243.jpg
それから、ナット。ナットとフレットボードの接触面に、どうしても埋められない隙間ができています。おそらく、ナットスロットを無理やり広げようとしたのでしょう、でも何でそんなことをするんでしょうか。よくわかりません。

PA0_0240.jpg
それから、インレイ。なんでもいいですが、エポキシボンドがあふれている!

このほかにも、Groverとは書いてあるものの、微妙にギヤ比の違うペグ、質量がまったく軽いチューンオンマチックとテールピース、写真を載せるのも恥ずかしい、中途半端な仕上げの金メッキ、もう、いい加減にしろって感じです!

(明日に続く。)

::::臨時休業のお知らせ::::
2月26日(日)午前中
3月11日(日)午後
それぞれ、外出のため休業いたします。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1048-7dc8edec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。