ギター寅さんの日記 |2012年4月26日 人事を尽くして天命を待つ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1106-db7844a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年4月26日 人事を尽くして天命を待つ

とりあえず、ひと段落はついた特許申請。でも、実はまだ気は抜けません。先日もお話したように、特許は先願優先ですから、先に申請をしたほうが優先的に審査されます。

したがって、自分たちが申請する前に似たような特許が申請、あるいは登録されていないか、この先も注意深くみておく必要があります。

今のところ、急ぎの仕事もないので、ほとんどそれに時間を費やしています。でも、通常の作業以上に根気の要る仕事です。時々気分転換に散歩でもしないと、本当にしんどくなります。

それを調べた結果、申請も登録もデータベースにはなかったので、こちらは特許申請を行ったのです。しかし、ここにひとつ、落とし穴があるんです。

それは、特許を申請してから、特許庁が「このような特許申請があった」ということを公表するのに、タイムラグがあるんです。

特許等の審査官は、申請を受けてから内容を吟味し、以前に似たような特許申請がないかを調べ、いけるようなら、このような特許申請があったという旨を「公開」します。

それに、大体半年かかるんです。

その「公開」がおわったあとに、特許として登録してもらうために「審査請求」をして、初めて特許審査の土俵に上がれるようになります。

ということは、うち以外の業者さんが、うちよりも前、しかも6ヶ月以内に特許申請をしていたら、それはデーターベースには公開されておらないことになります。

そのうえ、先願優先ですから、うちのほうが後になり、無効となる恐れがあります。それは、ふたを開けてみないとわからないことですし、「人事を尽くして天命を待つ」という以外ありません。

やる事はやった、あとはどうとでもしやがれという心境です。

それから、もうひとつ。アメリカの特許も調べてみました。なんと、うちのエアワウの考え方は、アメリカでは2005年にはすでに特許が取られています。しかも、実施例もといことでふたつも特許がとられていて、がっちり抑えられている感じです。

世界に飛び出すには、もっと面白いものを考えていかないといけないようです。


:::::臨時休業のお知らせ:::::
5月3日(木祝)イベント手伝いのためお休みさせていただきます。
なんと、初のしゃべくりでステージに立つことになりました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1106-db7844a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。