ギター寅さんの日記 |2012年5月2日 これだからこそ、面白いんです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1112-0af2783b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年5月2日 これだからこそ、面白いんです。

いわゆるフェンダーUSAの、アメリカンスタンダードと呼ばれるモデルのギターやベースを触ることがあります。ストラト、テレキャス、ジャズベ、プレベが代表的なところですが、すなわち、その時代時代のモデルということになります。

すなわち、それらのモデルは、数年に一回、自動車のようにモデルチェンジがあります。音楽の流行や時代の趨勢に応じて、その基本的なポリシーはそのままに、細かいところではあるのですが、様々な変更を加えてモデルチェンジをしていきます。

すなわち、そのモデルチェンジがあるからこそ、年代に応じてヴィンテージモデルとなっていくわけです。

たとえば、99年ごろのストラトと、2002年ごろのストラトを見比べると、たとえばストリングポストの高さが、変更になったり、さらに年代が進むと、ブリッジがブロック型から曲げ物に変更になって、先祖がえりしていたりします。

それらの差異を見るのも、とても楽しいものです。また、これらを作っている人々が、喧々諤々、ディテールについて話し合いながら、アップデートを重ねている姿を想像すると、なにやら熱いものを感じます。

自分が少しばかり気に入らないギターを、クソ呼ばわりする前に、作り手の熱い心を察する想像力を持ってください。

ギターを弾くことがもっと楽しくなりますよ。

:::::臨時休業のお知らせ:::::
5月3日(木祝)イベント手伝いのためお休みさせていただきます。
なんと、初のしゃべくりでステージに立つことになりました。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1112-0af2783b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。