ギター寅さんの日記 |2012年6月10日 20年ぶりの再会

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1150-af9434cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年6月10日 20年ぶりの再会

感慨深い一本のギターを触らせてもらいました。

120611_1017~01

右は、いつもの僕のテレキャスター、左は、お客様がリペアで持ち込まれたテレキャスターです。偶然にも、色と仕様違いで、同じモデル、FenderJapanのテレキャスター、しかも、Eシリアルです。

この2本、顔合わせをするのはほぼ20年ぶりです。僕のものは、ハード類が全部変わってしまっているので、当時の面影は薄いのですが。

このお客様は、なんと、僕が高校生のとき、初めて入ったバンドで、ドラムを叩いてくれていた同級生のもので、ギターも、とてもうまい奴でした。最近偶然にうちを見つけてくれて、よく来てもらうようになりました。

このギターを触っていると、一気に20年前にタイムスリップしたようでした。いつも消防団で行ってる詰め所の隣にある、今も健在の公民館みたいなところに、アンプやギターを抱えて、よく練習に行きました。

スタジオを借りるお金もなかったので、地域で役をやっていた、ベース担当のおじいさんの口利きで借りていたのです。

当時はバンドブームで、みんながボウイやプリプリ、Ziggyなどをやり、ちょっと尖がった奴は、尾崎豊などをコピーしていた時代、僕らは何をそんなにひねくれていたのか、ローリングストーンズ、いま「ワイルドだろう?」でおなじみのスギちゃんのテーマソング、ステッペンウルフ、フリーなんかのコピーをしていました。

バンドが解散したとき、まさかこのギターにもう一度会うことになろうとは、思いもしませんでした。あれから20年立ちました。

彼はその当時付き合っていた彼女と結婚をして、二人の子供を作り、僕はこうして、ギター屋のオヤジになりました。その間、言うまでもなくお互いいろいろあったんだろうなあと思うと、本当に感慨深いものがありました。

さて、僕も彼も、オッサンになってしまいましたが、彼もまだしぶとくバンドを続けているのを聞いたときは、本当にうれしかったです。


::::臨時休業のお知らせ::::
6月14日(木)午後から外出のため
6月16日(土)ライブのため
6月24日(日)から26日(火)まで 東京方面出張のため
8月 5日(日)ライブのため
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。
::::ライブのお知らせ::::
トリプルトラブルがライブをします。詳細は下の画像をクリック!
20120616.jpg
6月16日は、我らトリプルトラブルが、まさかのトリを務めます。

c490ic0096A.jpg
8月5日は、いつもお世話になっているEbizさんとです。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1150-af9434cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。