ギター寅さんの日記 |2012年7月2日 わたる世間は知らないことばかり・・・。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1172-7bbff8d5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年7月2日 わたる世間は知らないことばかり・・・。

とあるお客様から、調整で持ち込まれたベースです。

Kuroshima Spector


なんとなく、TuneとかYamahaっぽい感じですが、これ、Spectorというメーカーの製品です。じつは、この手の小ぶりで体になじむボディのベースを最初に作ったのは、実はこのSpectorさんなのです。

このSpectorというブランド、初期のころはあのスタインバーガーと交流があったりしたのですが、80年代には飛ぶ鳥を落とす勢いだったクレイマーに商標ごとM&Aされたのです。

後にクレイマー倒産のあとは、商標ごと買収されたことがあだになって、創業者が自分のブランドが使えない事態に陥りました。後に長年の裁判ののち、98年にはブランドが復活するという、ドラマティックな歴史のメーカーでもあります。

お客様によると、このベースを手に入れられたのは20年ぐらい前、韓国製とのことなので、創業者が自分のブランドを使えないときに、ちょうど別ブランドで商売をされていたときの品物のようです。

さて、このベース、実に興味深い楽器です。いろいろな意味で、僕らの想像を超えるスペックを持っており、なかなか味わい深いものがあります。

その中でもとくに興味深かったのは、ブリッジの形状です。

PA0_a.jpg

写真ではわかりにくいですが、箱型のベースプレートの中に、これまた箱型のブリッジサドルが乗っかっているだけ、という形状のものです。

PA0_c.jpg

素材はどうもダイキャストのようですが、ずっしりした重みがあります。また、ブリッジサドルは完全なソリッドではなく、空洞になっています。

PA0_b.jpg

そして、サドルは普通、ネジやスプリングでベースプレートに固定されていることが多いのですが、これは4つを並べて、ブリッジプレートのサイドにあるイモネジで挟み込んで固定する、というスタイルです。

これでは、弦高の調整やオクターブチューニングがやりにくそうな感じがしますが、弦のワウンドがサドルにうまい具合に引っかかってくれるので、それほど難しいものではありませんでした。

このように、ネジやバネで固定されていないにも関わらず、それなりに正確なチューニングができる仕組みというのは、なかなか面白いです。またひとつ、勉強になりました。ありがとうございました。


::::臨時休業のお知らせ::::
7月 4日(水)外出のため
8月 5日(日)ライブのため
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

::::ライブのお知らせ::::
トリプルトラブルがライブをします。詳細は下の画像をクリック!

c490ic0096A.jpg
いつもお世話になっているEbizさんとです

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1172-7bbff8d5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。