ギター寅さんの日記 |2012年7月11日 誰がためにギターは鳴る・・・・。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1181-5144af31

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年7月11日 誰がためにギターは鳴る・・・・。

まあ、好意的にとれば日本人的な謙遜、って所でしょうけれども、プロならまだしも、アマチュアのバンドがライブをやっていて、出来上がりやディテールにものすごい気を使う人がいます。

もちろん、人様の前でやるのですし、完成度を高めるという意味ではそれは必要なことですが、度が過ぎるのでは?、という人がたまにいます。

立場を変えて考えて欲しいのですが、あなたが友達のバンドを見に行くときに、その友達がステージでどんなミスをしでかすか、あら捜しをしながらライブを聞いている人っているでしょうか。

そういう人がいるとしたらあなたはどう思うでしょうか。きっと、「ヘンな奴がおるなあ」と思うはずです。

それから、この楽器の音はこうだとか、ああだとか、なにやらカテゴライズしたり定義づけしたりするのが好きな人がいます。また、若い人を捕まえて「こうあるべきだ」などといっている人を見ると、何が楽しいのだろうと思います。

そんなことよりも、本人が気持ちよく、周りもそれで楽しんでいたら、セオリーなんてのはどうでもいい。まあ、「はずせば大怪我」ってこともあるんでしょうけれど、それでも、そういうものを軽々と超えて、面白いものを見せてくれる人ってのが、実は最高のパフォーマーだったりするわけです。

かのジミヘンだって、当時はカントリーのギタリストが使うとされていたストラトキャスターを、ファズを使って大音響で弾き散らして、伝説を作ったわけです。当時のフェンダーマニアから言えば言語道断なことをやっていたわけですが、あれから45年、いまや彼無しにストラト、いや、ロック音楽のことを話すことは不可能です。

314010_10151039552938556_17025194_n.jpg

何が言いたいのかというと、ギタリストやギターマニアには誰でもなれるんです。なぜなら、自分の好きな、聞きかじりの知識で悦に浸っていれば充分それで満足できるからです。

でも、ギターを弾くからには、本来的に目指すべきはギターを使って「表現者になること」だと僕は考えます。

なぜなら、お客さんは演奏している人の「あら捜し」をしにくるのではなくて、あなたが演奏しているのを楽しもうとしてライブ会場に来てくださっているのです。あなたがそこで、何を表現しているのかに興味があるのです。

また、楽器に詳しくいない人にとって見れば、テレキャスターもストラトキャスターも、きっと同じに見えていて、その違いを熱く語られても訳がわかりません。

そんなことよりも、どんな曲を聞かせてくれるのか、どんな話をしてくれるのか、そのことに一番興味があるんです。

それに応えるのがアーティストの仕事じゃないでしょうか。

もちろん、思いっきり間違えるとか、明らかに練習していないとかは問題外ですし、しくじったと思うことがあったなら、次の反省材料にしたらいい、それだけのことです。

でも、細部にこだわりが過ぎるあまり、周りが見えなくなってしまっては面白みも半減します。それは、おいしい料理を、わざわざまずくして食べているようなものです。

そう考えたら、肩の力が抜けてきませんか?


::::臨時休業のお知らせ::::
8月 5日(日)ライブのため
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

::::ライブのお知らせ::::
トリプルトラブルがライブをします。詳細は下の画像をクリック!
c490ic0096A.jpg
いつもお世話になっているEbizさんとです
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1181-5144af31

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。