ギター寅さんの日記 |2012年8月15日 終戦記念日に思う

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1216-975f336f

トラックバック

コメント

[C88]

わたしたちは戦争を知らない世代ですが、惨劇を繰り返さないように愚かな行為である戦争を阻止する大切な役目を背負っていますね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年8月15日 終戦記念日に思う

「善い」ことは、こっそりと、だまって、他人さまから褒められても、決して調子に乗らず、「させていただいている」という気持ちをもってする。

それが本来的な日本人の美徳なはず。いつから日本人は、自分が行っている「善い」ことを、大声で言いふらすようになったんだろう。

僕には5年生ぐらいまで、明治生まれの曾祖母がいて、そういうことをするのは、「はしたなくて」「恥ずかしいこと」だと教わったように覚えている。

財布を忘れた友達に昼ごはん代を貸すときに、周りに言いふらしながら、1000円札を渡すやつがいるだろうか・・・。友達が持ちかけてきた相談に、校内放送で乗るやつがいるだろうか・・・。

震災の翌日、僕の大好きな江頭2:50さんは、軽トラックを自ら運転して、食料品などを出来る限り配って回ったという。そのときに、彼はこういっていたという。「僕が来たことは黙っていてください」と。

すなおに、彼はすごいなあと思った。

人として当たり前にするべきことを、ドヤ顔で「俺はこんなことをした!」とか言う姿。世界的に評価されている日本人の姿を見て、それを誇りに思う気持ち。

決して悪くはないと思うけれど、覚えておいたほうがいい。

「正義」とは、その人の立ち居地がかわると、いつの間にか正義ではなくなっていることがある。だから、自分の行いが、正しいかどうかを常に検証する癖をつけておかなくちゃならない。

それをしていたら、たぶん「善い」ことをしても、「ドヤ顔」をしている暇はなくなる。

それから、愛国心とはどこまでいっても、ならず者の拠り所である。オリンピックの客席で掃除をしてる日本の応援団を、日本人として誇りに思うとか、みんないうけれど、僕には強烈な違和感ある。

汚いところをきれいにするのは、当たり前のことだし、汚いのが普通っていう「世界標準」のほうが、そもそもおかしい。当たり前にするべきことをしていることが、なぜ日本人としての誇りなのか。

それは、いつも掃除なんかしたことがないということを、白状しているようなものだ。それこそ本当に恥ずかしいことではないのか。

それならば、毎日近所を掃き掃除して、打ち水をしているおばさんたちのほうが、よほど日本人として誇りに思える。

ちなみにそのおばさんたちが、「私たちは毎日掃除をしています!」なんてドヤ顔をしているところを、僕は一度も見たことがない。

そもそもするわけがない、当たり前だと思ってされているのだし、僕も挨拶をしてありがとうという。

何度もいう。当たり前のことをしてドヤ顔をしているのはこっけいだし、それを誇りに思えなんてのは、愛国心でもなんでもない。そして、そんな三流ドラマみたいな茶番を、愛国心と勘違いしている人はとてもおめでたい。

「誇り高き日本人」なんかに、僕はなりたくありません、どこかの国みたいに、他の国を見下げることで、自分の立場を確認するようなちんけな人間になってしまうから。

「日本人としての誇り」、そんなものクソ食らえです。自分の国をどう愛するのか、他人に強制されるなんて真っ平です。僕には、僕の国の愛し方があります。

黙祷をささげながら思いました。斃れていった英霊の御霊たちは、戦陣に斃れたとき、「どや、やったった!」なんて顔をして死んでいったのでしょうか。

僕は当時を知らないのでわかりません。でも、戦争を体験された人の話を聞く限り、ドヤ顔で死んでいった兵隊さんの話など、聞いたことがありません。

その犠牲は、ちんけなナショナリズムや、とってつけたみたいな「日本の誇り」なんてものを、超越していると思います。

合掌・・・・。


::::臨時休業のお知らせ::::
8月26日
外出のため休業いたします、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1216-975f336f

トラックバック

コメント

[C88]

わたしたちは戦争を知らない世代ですが、惨劇を繰り返さないように愚かな行為である戦争を阻止する大切な役目を背負っていますね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。