ギター寅さんの日記 |2012年8月21日 汎用品のよさ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1222-aed3b96e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年8月21日 汎用品のよさ

120822_0842~01

僕がこういうことを言ってしまうと、元も子もないんですが、ギターのトーンコントロールに使われるコンデンサー、いろいろ使いましたが、一番いいのは、このポリエステルフィルムコンデンサーじゃないかと思ったりします。

とくに、探し回って見つけなければならないような、レア物でもなく、それこそ、日本橋や秋葉原の電気街に行けば、どこにでも売っている様な、ごくありふれたものです。

あくまでも個人的感想ですし、周辺のパーツの種類などの条件などで変化するのかもしれませんが、よく使われる茶色のセラミックコンデンサーのような唐突感のある音質変化ではなく、オレンジドロップみたいな滑らかさがあるようにおもいます。なかなか、気持ちよいと思います。 

それから、値段も手ごろです。いっても40円ぐらいです。少々手荒に扱って壊してしまっても痛くありません。そして、何よりもいいのが、その大きさです。

有名なオレンジドロップやビタミンQなどは、物によってはポットと同じぐらいの大きさがあったりします。ストラトキャスターやレスポールのように、キャビティの容積に余裕があるならいいのですが、ベースやテレキャスター、そのた変形ギターなどでは、その大きさがじゃまになったりします。

それこそ、自分でカスタム回路を考案するときにも、その大きさが制約になることはありません。とくに、姉小路製作所なんかでは、いかに機械的、アナログ的な仕掛けを、小型化するかということに心血を注いでいるような部分があります。それこそ、テレキャスター用のブースト回路も、そういう発想から生まれたものです。

もちろん、こだわれば高くていいのはもっとあります。でも、こういうものは、比較的安価で、品質が良くて一定であるものが一番よいに決まっています。スペックとはいたずらに数値やブランドだけで追い求めるのではなく、そういう側面も考慮して判断すべきものだと思います。

::::臨時休業のお知らせ::::
8月26日
外出のため休業いたします、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1222-aed3b96e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。