ギター寅さんの日記 |2012年8月22日 思い出したこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1223-93da0374

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年8月22日 思い出したこと

ほぼ毎週火曜日の夜は、無法松とロシナンテの練習にいってます。何を思ったのか、いままでこれっぽちもやりたいと思ったことのなかった、アコースティックディオをやっています。

これが僕にとってはなかなか不思議な感覚で、バンドを組む以前の、兄貴が持っていたモーリスのアコギをこっそり弾いていたころのことを強烈に思い出したりしています。

初めてギターを弾いたときのこと、初めてギターを手に入れたときのこと、あなたは覚えていますか?うちの屋号は、そこから来たものです。

うちの屋号は、ご存知GWNN(グウィン)といいます。それは、Guitar With No Name(名前のないギター)の頭文字をとったものです。

初めての一本が、たとえ「名前の通っていないギター」であっても、それはあなたにとって、とても大切な一本ではありませんでしたか?そう、いつまでもその気持ちを忘れずに、お付き合いをさせていただく一人ひとりのお客様、一本いっぽんのギターを大切に、まっすぐ向き合っていきたい、そういう思いから名づけた屋号です。

最近思いますが、いろいろなものを見聞きしたり、知れば知るほど、その感動は薄れていきます。当たり前です、それが歳をとるということですから。それと引き換えに僕らはあのときにあった、素直に感動する感性を失っていきます。

そのころ、スペックやブランドで、それほど重要なことではなかったはず。それらは、あくまでも後付けの理屈であったはず。無法松とロシナンテをやっていると自分がギター屋であることを忘れます。どのメーカーの、いくらのギターを持っているのか、そんなことはどうでもよくて、ギターを初めてもって、必死になって一曲弾こうとしていたころを思い出します。

studio-bw.jpg


::::臨時休業のお知らせ::::
8月26日
外出のため休業いたします、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1223-93da0374

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。