ギター寅さんの日記 |2012年8月23日 Drug or Jesus

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1224-bdbd7087

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年8月23日 Drug or Jesus

当たり前のことですが、世の中には陰と陽があります。その陰と陽の落差が激しいほど、コントラストは鮮やかで、僕たちに強烈な教訓を与えることがあります。

以前、京都市の施設でボランティアでギターを教えていたことがあります。そのときに、まるでやる気のなかった子が、大学に進学し今では軽音でバリバリやり、アメリカに留学するまでになったことを書きました。

そして、そこで一緒にギターを教えていた子が、また昨日うちにきました。ほぼ3年ぶりの再会です。その間、一切連絡も付かず、どうしていたのかと思っていたのですが、なんと、クスリをやり、刑務所に入っていたというのです。

そして、勤めをきちんと終えて更正し、出所してきて、僕のことを思い出して来ようとおもったのだとか。

良く考えれば、彼は来たりこなかったり、決してきちんとやっているほうではなかったのですが、根は真面目で、礼儀正しいところがあり、むしろ、僕はよい印象を持っていました。

ただ、口下手で誤解されやすい感じだなあとは思っていました。

そして、しばらく彼が来ないうちに、そのボランティアを運営している役人と喧嘩をして、いわば僕は彼らを放り出す形で、ギターを教えるのをやめたんです。

彼がクスリに手を染めたのは、ちょうどそのころだったそうです。

すんだことに、もしも、ということは禁物ですが、そこで僕がもう少し、大人の対応をしていれば、彼を放り出すことはなかった。少なくとも、彼にとって話の出来る大人として、い続けられたはず。

いわゆる「大人」と呼ばれる人たちが、くだらない面子や形式的なことでもめている間に、一番不利益をこうむっていたのは誰か、いまさらながら気付かされた気がします。

彼は帰りぎわに、クスリをやらずともやらなくとも、この世はしんどいのだし、それならばやったほうがいいのではなんて、また考えたりしますなんて、言ってました。

僕はこれを真っ向から否定しました。「クスリをやって幸せになった人は、この世界、誰一人としていない。」そして、彼に、そう断言した手前、「そういう人が一人でもいたら、俺は首を括る。」といいました。

もしも、そういう人がいたら教えてください。一人でも薬をやって幸せになった人がいたら、僕はうそつきにはなりたくないので、そのときは首を括るつもりです。

そうすることが、放り出した大人の責任ではないかと思っています。




::::臨時休業のお知らせ::::
8月26日
外出のため休業いたします、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1224-bdbd7087

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。