ギター寅さんの日記 |2012年9月9日 岸本寿くんへ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1240-a9328dc7

トラックバック

コメント

[C91]

まさかこんなブログを見つけるとはな。文脈からひさしは京都のスキンヘッドの事だろう。
いちいちこんなブログを書くくらいだから仲が良いのだろう。

まあ、仲良くな。

[C92] 91番さん

書き込みありがとうございます。なにか、勘違いをされているようですね。僕の知っているひさし君はスキンヘッドではないですよ。まあ、かつてはどうだったか知りませんが。

もし仮に、わたくしがはなしているひさし君が、同一人物であるとすれば、僕もどこまで彼と付き合えるか自信はありませんが、彼の社会復帰を心から祈っているのはあなたと同じです。

匿名でもかまいません、何か知恵があればぜひともお貸しください。よろしくお願いします。
  • 2012-09-15 09:01
  • ギター寅さん
  • URL
  • 編集

[C93]

ダボっとした服を来てキング・アーサーだったかな?かなんか名乗ってて京都で色白の元水商売とアムウェイやってた奴だろう。まず間違い無い。
どれほど寿があなたにとって思い入れのある人物なのかわ俺には分からない。
ただ、寿が再犯した場合にギターを辞める?
寿はとんでもない小物だ。人格も能力も。あなたの熱い思いに対しても寿は口ではいろいろ感謝を言うだろうが行動に移して人を実際に安心させたりするような人間じゃない。そう口だけパフォーマンスだけさ。寿の中には自分一人しか居ないその中に自分を大切に思ってくれる人の思い等は同居していない。

あんな小物に肩入れして命がけでやっているギターをあいつの再犯するしないというギャンブルで続けるか辞めるかを掛けるなんてほんとにギターやそれを通して心を通わして来た人達を大事にしているのか甚だ疑問だ。

このブログがちょっとした偽善か壮大な寿に対するリップサービスで俺はそれにちょろっと釣られただけなら良いのだが。

俺達が出来る事はもう付き合わない事だ。
彼は過去に十分なフォローや愛を受けた。それでも何も変わらなかった。
生きるか死ぬかの孤独に落ちて丸裸に一度ならないといけない。そうしないと何も入って来ないだろう。彼の心には。

[C94]

書き込み、誠にありがとうございます。それから、ご指導をいただきまして、誠にありがとうございます。

おそらく、僕の知っているひさしくんはあなたの言うひさしくんでしょう。たぶん、同一人物だと思います。キング・アーサーのくだりで合点がいきました。

あなた様とひさしくんの間で何があったのか、私は存じ上げませんし、そして、これまでうちにかおを見せなかった間、約三年間、一体何があったのかも知りません。

確かにあなたのおっしゃるとおり、彼のことでギターをやめるのは他のお客様を大事にしていない、ということにもなります。おっしゃるとおり、ごもっともです。

でも、たとえ、あなた様に嘲笑されようが、偽善と呼ばれようが、釣りと言われようが、私は以前の、少し気は小さいけれど、素直なところがあったころの彼しか知らないのですから、更正すると信じていたからこそ、言えたことです。

そして、それ以外に彼にかけてやる言葉がなかったこと、そして、みんなの見ているまで、「言質を取る」かたちで伝えないと、それこそ彼に意思が伝わらないと思ったのです。

それは理解してください。

しかしながら、最後にあなた様が書かれていた、「彼は過去に十分なフォローや愛を受けた。それでも何も変わらなかった。」という言葉はやはり重みがあります。

ということは、あなたはひさしくんの近いところにおいでであったようですね。そして、よほどひどい目にあわされたのでしょう。

でも、あなた様は「俺達が出来る事はもう付き合わない事だ」と、嘲笑する私にアドバイスをくださる。じゃあ、伺いますが、なぜ嘲笑する相手を助けるようなことを書くんですか?

そんなあなた様だからこそ、あえてお願いしたいのです。あなた様にとっては、何の義理もないわたくしですが、どうか、これからもあなた様のお知恵をお借りできればとおもっています。

あなたにいくら笑われようがバカにされようがかまいません。これから、私も含めて、彼に関わる人間が、判断を誤らないためにも、何卒よろしくお願いします。

  • 2012-09-15 20:59
  • ギター寅さん
  • URL
  • 編集

[C95]

寅さん、今回ばかりは、91番さんの言う通りじゃないかな。人を信じるのはいいけれど、おまえの商売に障ったんじゃ、そもそも意味がないんじゃないの?

言葉遣いは悪いけれど、91番さんは良く物事を見通していると思う。すべては、彼の近くにいたからこそ、いえることだろう。少なくともお前は3年間の彼を知らなかったんだし、その時点でお前の決意よりも、91番さん言うことのほうが重みがあるぞ。

彼にお知恵を拝借ってのもいいかもしれないけれど、その91番さんが言うように、彼とは関わらないほうが一番よい選択だと俺も思う。

どう考えても、俺たちを見捨ててまで、お前が体を張ってまですることじゃないと思うな。お前のことだから、無茶はしないとは思うけれど、良く考えたほうがいいんじゃないか。
  • 2012-09-15 21:08
  • 寅のファン
  • URL
  • 編集

[C96]

「なぜ嘲笑する相手を助けるようなことを書くんですか?」
この答えがなかなか出なかった。
まず、嘲笑していると思われているみたいだがそんなつもりは無いので正確に訂正したい。
「仮に寿がまた再犯したとしてもあなたは絶対仕事を辞めたりしないだろうな」という思いと「ギターに対する万能感というか過信や誇大し過ぎているんじゃねーか」という思い、例えば、戦争中の撃ち合ってる中に突入して行ってギターを奏でたら撃ち合いが止まるとでも思ってそうな。そんな二つの思いが文脈に出てあなたはそれを嘲笑と認識したみたい。まああまり変わらないのかな。
それはさておき、冒頭の回答だが、恐らく寿の事が嫌いだけど好きなんだろう。昔はとにかく仲が良かった。しかし彼は俺を含めさんざんヒドイ事を繰り返した。俺はまだマシな方だが彼が彼の母親にした行動は鬼畜だ。具体的なエピソードを話すとあまりに彼のプライベートだからここには書かないが。そしてそんなレベルのエピソードがいくつもある。そして嫌いになった。
昔仲良かったけど嫌いになった。仲の良かった時を引きずっているのかもしれない。そして彼はその人のそういった脇に入り込んではまた裏切る。だから自分への戒めも含めて「もう付き合わない事だ」と言ったんだと思う。

また仲の良かった頃に戻りたいんだろうな。俺もあなたも。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年9月9日 岸本寿くんへ。

ひさしへ。

おまえは今、東北地方に出向いて、ボランティアの傍らストリートで歌っているんでしょう。連絡がないってことは、きっと、元気でやっているのだろうと思います。

そして、携帯を持っていないおまえは、おそらくどこかで、何とかして俺のブログをみているのでしょう。

正直、おまえが久しぶりに俺の前に現れたときは、正直どうしていいかわかりませんでした。

それこそ、俺はこれまで、いろいろな人と知り合ってきて、たいていのことでは驚かないつもりでしたが、おまえが、覚せい剤取締法違反で逮捕され、服役していたということは、俺にとって衝撃的なことでした。

あのあと、俺なりにいろいろなことを調べました。運良く、俺の所属している消防団長が保護司をやっています。その人に聞きましたが、麻薬がらみの再犯率は、実に95パーセントを超えるそうです。

おまえは、俺に、「クスリをやらずともやらなくとも、この世はしんどいのだし、それならばやったほうがいいのではなんて、また考えたりします。」というよなことを言っていました。

その保護司さんいわく、そういう奴が、もっとも再犯率が高いそうです。麻薬がらみで2度3度、服役する奴は、そういう気の弱い、決断力のない人間だといいます。

俺はおまえに対して、ああしろとか、こうしろとかいう気はありません。麻薬の常習性は、中途半端な説教や精神論で超えられるものではなく、仮に克服したとしても、おまえの体からは死ぬまでその影響が抜けることはありません。

そんな奴に、正論を吐いたところで、何の意味もないからです。

おまえの人生です、おまえが破滅しようが、死ぬ気で立ち直るのか、それは俺の知ったことではありません。もちろん、死ぬ気で立ち直りたいなら、手助けは出来ますが、それをするのは俺ではなく、おまえです。

それと同じように、俺には俺の人生があります。

俺はかねがね、音楽は楽しい、人生を豊かにする、ギターは楽しい、ギターはつらいときに友達になってくれる・・・・。そういうことをプリンシプル(原理原則)に、仕事をしてきました。

でも、俺が今まではいてきたこの言葉は、おまえにとっては、どこまでもキレイゴトだったようです。なぜなら麻薬の与える快楽に、それらは勝つことが出来なかったからです。

その時点で、俺の仕事や作り出すものは、説得力をなくしているんです。もちろん、ほかの人からすれば「おまえには関係ないじゃないか」といいます。

でも、俺はそうして自分を赦すことが出来ません。なぜなら、そこで自分を赦してしまえば、俺はこの世間様に、嘘をつくことになるからです。それは、他人が何を言おうが、これが俺の決めたことです。俺の生き方、人生です。

さて、おまえはきちんと更正して出てきたのだから、誰にも文句を言われることはない。けれど、自分のやっていることが、他の人にどんな影響を与えるのか、おまえは今まで考えたことがありますか?

言っておきますが、おまえがもう一度麻薬に手を染めたら、俺は今やっているこの仕事を辞めるつもりです。

もしも、おまえが再犯でつかまったら、それに目をつぶり、しらばっくれてキレイゴト並べ立てて、生き恥を晒しながら仕事を続けられるほど、俺は強靭な神経を持ち合わせてもいないし、そこまで傲慢ではないからです。

次の日からハローワークに行くことにします。

おまえの周りの大人たちは、みんなふにゃふにゃしていて、おまえからすれば尊敬に値しない人間かもしれません。でも、俺はそういう人たちと同列に並べられるのは、このプライドが許しません。

俺を見くびらないでください。

俺は、おまえやおまえの知っている大人とは違って、腹を据えて「生き恥を晒すぐらいなら、この首を切り落とせ。」といい放ち、信念と原理原則を最後まで負けず、最後まで戦い抜く大人です。

そして、もうひとつ、良く覚えておいてください。俺の周りにいるたくさんの人のなかには、俺が仕事をやめることで困る人も出てきます。

ハッタリではなく、その人数は100人をくだらないと思います。おまえは、その100人から、一生恨まれて、いや、恨まれるならまだしも、社会のクズ、ごみ扱いをされて生きていくことになります。

おまえの行動が、周りにどれだけの影響を与えているか、おまえがまた道を誤れば、自他共に不幸になる人がいっぱいいることを、肝に銘じておくように。

誤解するなよ、俺はおまえが憎いんじゃない。クスリや犯罪が心底憎いんだ。それだけだよ。じゃあ、元気でな。



:::::ライブのお知らせ:::::
2012年11月3日・4日 
当店初の冠イベント「GWNN SONIC 2012」を開催します。
出演者など詳細はおってお知らせします。

2013年1月6日
トリプルトラブル新春ライブ
場所はいつもの拾得さんで、Ebisさんと共演です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1240-a9328dc7

トラックバック

コメント

[C91]

まさかこんなブログを見つけるとはな。文脈からひさしは京都のスキンヘッドの事だろう。
いちいちこんなブログを書くくらいだから仲が良いのだろう。

まあ、仲良くな。

[C92] 91番さん

書き込みありがとうございます。なにか、勘違いをされているようですね。僕の知っているひさし君はスキンヘッドではないですよ。まあ、かつてはどうだったか知りませんが。

もし仮に、わたくしがはなしているひさし君が、同一人物であるとすれば、僕もどこまで彼と付き合えるか自信はありませんが、彼の社会復帰を心から祈っているのはあなたと同じです。

匿名でもかまいません、何か知恵があればぜひともお貸しください。よろしくお願いします。
  • 2012-09-15 09:01
  • ギター寅さん
  • URL
  • 編集

[C93]

ダボっとした服を来てキング・アーサーだったかな?かなんか名乗ってて京都で色白の元水商売とアムウェイやってた奴だろう。まず間違い無い。
どれほど寿があなたにとって思い入れのある人物なのかわ俺には分からない。
ただ、寿が再犯した場合にギターを辞める?
寿はとんでもない小物だ。人格も能力も。あなたの熱い思いに対しても寿は口ではいろいろ感謝を言うだろうが行動に移して人を実際に安心させたりするような人間じゃない。そう口だけパフォーマンスだけさ。寿の中には自分一人しか居ないその中に自分を大切に思ってくれる人の思い等は同居していない。

あんな小物に肩入れして命がけでやっているギターをあいつの再犯するしないというギャンブルで続けるか辞めるかを掛けるなんてほんとにギターやそれを通して心を通わして来た人達を大事にしているのか甚だ疑問だ。

このブログがちょっとした偽善か壮大な寿に対するリップサービスで俺はそれにちょろっと釣られただけなら良いのだが。

俺達が出来る事はもう付き合わない事だ。
彼は過去に十分なフォローや愛を受けた。それでも何も変わらなかった。
生きるか死ぬかの孤独に落ちて丸裸に一度ならないといけない。そうしないと何も入って来ないだろう。彼の心には。

[C94]

書き込み、誠にありがとうございます。それから、ご指導をいただきまして、誠にありがとうございます。

おそらく、僕の知っているひさしくんはあなたの言うひさしくんでしょう。たぶん、同一人物だと思います。キング・アーサーのくだりで合点がいきました。

あなた様とひさしくんの間で何があったのか、私は存じ上げませんし、そして、これまでうちにかおを見せなかった間、約三年間、一体何があったのかも知りません。

確かにあなたのおっしゃるとおり、彼のことでギターをやめるのは他のお客様を大事にしていない、ということにもなります。おっしゃるとおり、ごもっともです。

でも、たとえ、あなた様に嘲笑されようが、偽善と呼ばれようが、釣りと言われようが、私は以前の、少し気は小さいけれど、素直なところがあったころの彼しか知らないのですから、更正すると信じていたからこそ、言えたことです。

そして、それ以外に彼にかけてやる言葉がなかったこと、そして、みんなの見ているまで、「言質を取る」かたちで伝えないと、それこそ彼に意思が伝わらないと思ったのです。

それは理解してください。

しかしながら、最後にあなた様が書かれていた、「彼は過去に十分なフォローや愛を受けた。それでも何も変わらなかった。」という言葉はやはり重みがあります。

ということは、あなたはひさしくんの近いところにおいでであったようですね。そして、よほどひどい目にあわされたのでしょう。

でも、あなた様は「俺達が出来る事はもう付き合わない事だ」と、嘲笑する私にアドバイスをくださる。じゃあ、伺いますが、なぜ嘲笑する相手を助けるようなことを書くんですか?

そんなあなた様だからこそ、あえてお願いしたいのです。あなた様にとっては、何の義理もないわたくしですが、どうか、これからもあなた様のお知恵をお借りできればとおもっています。

あなたにいくら笑われようがバカにされようがかまいません。これから、私も含めて、彼に関わる人間が、判断を誤らないためにも、何卒よろしくお願いします。

  • 2012-09-15 20:59
  • ギター寅さん
  • URL
  • 編集

[C95]

寅さん、今回ばかりは、91番さんの言う通りじゃないかな。人を信じるのはいいけれど、おまえの商売に障ったんじゃ、そもそも意味がないんじゃないの?

言葉遣いは悪いけれど、91番さんは良く物事を見通していると思う。すべては、彼の近くにいたからこそ、いえることだろう。少なくともお前は3年間の彼を知らなかったんだし、その時点でお前の決意よりも、91番さん言うことのほうが重みがあるぞ。

彼にお知恵を拝借ってのもいいかもしれないけれど、その91番さんが言うように、彼とは関わらないほうが一番よい選択だと俺も思う。

どう考えても、俺たちを見捨ててまで、お前が体を張ってまですることじゃないと思うな。お前のことだから、無茶はしないとは思うけれど、良く考えたほうがいいんじゃないか。
  • 2012-09-15 21:08
  • 寅のファン
  • URL
  • 編集

[C96]

「なぜ嘲笑する相手を助けるようなことを書くんですか?」
この答えがなかなか出なかった。
まず、嘲笑していると思われているみたいだがそんなつもりは無いので正確に訂正したい。
「仮に寿がまた再犯したとしてもあなたは絶対仕事を辞めたりしないだろうな」という思いと「ギターに対する万能感というか過信や誇大し過ぎているんじゃねーか」という思い、例えば、戦争中の撃ち合ってる中に突入して行ってギターを奏でたら撃ち合いが止まるとでも思ってそうな。そんな二つの思いが文脈に出てあなたはそれを嘲笑と認識したみたい。まああまり変わらないのかな。
それはさておき、冒頭の回答だが、恐らく寿の事が嫌いだけど好きなんだろう。昔はとにかく仲が良かった。しかし彼は俺を含めさんざんヒドイ事を繰り返した。俺はまだマシな方だが彼が彼の母親にした行動は鬼畜だ。具体的なエピソードを話すとあまりに彼のプライベートだからここには書かないが。そしてそんなレベルのエピソードがいくつもある。そして嫌いになった。
昔仲良かったけど嫌いになった。仲の良かった時を引きずっているのかもしれない。そして彼はその人のそういった脇に入り込んではまた裏切る。だから自分への戒めも含めて「もう付き合わない事だ」と言ったんだと思う。

また仲の良かった頃に戻りたいんだろうな。俺もあなたも。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。