ギター寅さんの日記 |2012年11月12日 衰える英語力

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1304-cd31e6bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年11月12日 衰える英語力

まずはお知らせからです。来月12月9日、10日と東京出張のため臨時休業いたします。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

私事で恐縮ですが、今回はちょっと時間が出来そうなんで靖国神社にいってこようと思っています。

宗教的・政治的な主義主張はおいといて、御国のために命を落とした英霊の御霊に手を合わせることは、人間として当然のことだと思います。

だって、なくなっていって兵隊さんのほとんどは、感覚的には隣のおにいちゃんだったり、お父さんだったり、要するに戦争さえなければ普通の人たちで、普通の生活をおくっていた人たちなんです。

そんな普通の人たちに、普通に「ご苦労様でした、ありがとうございました。」ということが、一体誰に憚られるんでしょうか。僕の気持ちは僕のものです。

さて、今日は別件で、久しぶりに英語をたくさん話しました。しかし、まあえらいもので、英語を使わなくなると明らかに英語力が落ちているのがわかります。

まあ、もともとそれほど英語をうまく話せるほうではなかったので、偉そうなことはいえませんが、単語がでてこない、文法を忘れたとか、そういうことではなく、直感的に相手に伝えることばが、うまく出てこないっていう感じです。

それは、ギターを弾いていてアドリブのフレーズが出てこない、あるいは楽器の修理や調整をしていて、わざわざじゃまくさい方法をとってしまう感覚に似ています。

で、僕たち日本人は真面目なので、すぐに言葉を「直訳」しようとします。それがかえって、相手の理解をさまたげていることって、よくあると思うんです。

たとえば僕らが外国に行ったとして、ものすごくきれいな日本語を話せる人にガチガチな翻訳をされたら、仕事でない限りは、きっと引いてしまうのではないかとおもうのです。

以前からよく言っていることですが、人々は四角四面な完璧な理屈や知識、技術だけでは、きっとついてきません。そういうのを人はせいぜい尊敬しながら敬遠するのです。

それよりも、わかりやすいこと、直感的なことに人はついてくるものです。

その「わかりやすいこと」「直感的なもの」の裏づけに、四角四面の完璧な理屈や知識、技術があるべきで、それが表にでてくるのは、何か違います。

お茶席で外国の人に、何で飲むときに茶碗を回すのだ?とたずねられたときに、僕は反射的に「茶碗の模様とキスをしてはいけないからだ」といってしまいました。

もちろん、お茶の師匠にはお目玉を食らいましたが、その外国の人はその説明が一番わかりやすかったみたいです。

でも、お茶碗の模様を向こうに回すと、当たり前ですが模様が見えますし、茶碗によっては、飲み口が前にまわってきて、飲みやすくなるからです。

何よりも論より証拠です。それをいちいち、説明して翻訳していたら、きっとその外国の人は、次にお茶を飲むときに、茶碗を回すことを忘れてしまうだろうと思います。

そういう直感的なひらめきをいつまでも維持していたいものです。

:::::営業時間変更のお知らせ::::::
11月17日 都合により午前中休業 14:00に開店します。
11月23日 都合により午前中休業 14:00に開店します。
11月25日 都合により午前中休業 14:00に開店します。
なお、14:00開店の日は閉店時間を設定いたしませんので、
夕方以降でも対応いたします。ご遠慮なく、ご連絡ください。

:::::臨時休業のお知らせ::::::
12月9日・10日 東京出張のため臨時休業いたします。

:::::ライブのお知らせ:::::
2013年1月6日 トリプルトラブル新春ライブ
場所はいつもの拾得さんで、Ebisさんと共演です。

,20130106フライヤー
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1304-cd31e6bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。