ギター寅さんの日記 |2012年12月11日 縁

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1333-7bf458a9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2012年12月11日 縁

昨晩遅く、出張から帰ってまいりました。

初めて東京へ行ったのは、36歳のときでした。それまで、本当に「縁」がなかったんです。せいぜい、NAMMショーに行くときに、飛行機の乗換えで羽田から成田まで、バスで行ったときぐらいのものでした。アメリカには行ったことがあるくせに、東京への道のりは僕にはとても遠いものでした。

そのアメリカで生活を始めるとき、最初の第一歩でいろいろ手伝ってくださった人がいます。その人はぼくの友達の友達でしたが、僕には何の義理もない人です。でも、15時間のフライトを終えてアリゾナにたどり着いた僕を出迎え、暮らしが落ち着くまでいろいろと助けてくださったのです。

アリゾナに初めて着いたときの印象は、何かの本で見た火星みたいだなとおもいました。土はどこへ行っても赤くって、風が乾いていて、とても熱かったのを覚えています。もしも、その人がいなければ僕は死んでいたかもしれないと思います。いや、決して大げさではなく。

結局お礼らしい俺も言えず、そのまま日本に戻って、もうすぐ10年になります。僕の中で、そのことがいつもどこかに引っかかっていたのです。

その人が、今回僕が行ったのとほぼ同じときに、東京にこられることになりました。連絡をつけて会いたかったのですが、段取りがうまくいかず、結局は電話で話すだけとどまり、あえずじまいになったんです。今回はものすごく、惜しいなと感じました。なんと、僕がお茶お水にいたときに、すぐ近くにおられたそうなんです。

電話をもらったときはすでに次の訪問先だったので、戻れませんでしたが、とても残念でした。

話がそれましたが、そこでいろいろな勉強ができて、今の僕がいるのも、その人のおかげ、その人との「縁」があったからです。ふと思います、何事もうまくいくのか行かないのかは、自分の能力や努力、運などもあるかもしれませんが、周りの人の「縁」をどれだけ大事に出来るのか、そこにかかっているように思います。

:::ライブのお知らせ:::
2013年1月6日 トリプルトラブル新春ライブ
場所はいつもの拾得さんで、Ebisさんと共演です。
,20130106フライヤー
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1333-7bf458a9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。