ギター寅さんの日記 |2013年5月4日 プロって何?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1367-f724b168

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2013年5月4日 プロって何?

ゴールデンウイークですね。ふと思ったんですが、ゴールデンウイークのそれぞれの休日が、一体何の祝日か、すらすらいえる人って見たことないなと。

4月29日は昭和の日、そう、昭和天皇の誕生日で、ご崩御されてからもなじみのある休みだからといって、平日にならず、たしかみどりの日ってことになって、そのあとに昭和の日になったんでしたっけ。

で、玉突き式にそれまで肩書きのなかった5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日の間の、5月4日、国民の休日のだった日が、みどりの日になって・・、確かそんな感じでしたよね。

カレンダーをみながらぼんやり考えておりました。

さて、最近はおかげさまで、たくさんの皆様からなんだかんだと仕事を頂戴します。本当にありがたいお話で、わたくしごとき中途半端な人間が、こんなにもお仕事をいただいて大丈夫なのかと、かえって心配するぐらいです。

本当に、ありがたい話です。

で、こんなこといわれると本当にこそばいのですが、「さすがプロ!」とか。「よう知ってるなあ。」なんていわれることがあります。でも、これって、そう呼ばれて喜んでいるようでは、きっとまだまだなんですね。

実は、そう呼ばれるってことは、周りの人たちの期待値も高くなってるってことなんです。なまじ中途半端ではいられない。

そうです、時々、仕事で難題に遭遇するんですが、そのたびに、「まだまだ道半ば、あるいは、まだまだスタート地点におるなあ・・・」って思います。

で、ふと思ったんです。そもそもプロってなんやろ?って。この先の話は、別にギター職人だけの話ではなくて、一般論として読んでいただければっておもいます。

辞書を調べると「ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。専門家、本職、玄人。」とあります。それは、確かに様態を表す様としては正解でしょう。

ということであれば、サラリーマンであろうが自営業者であろうが、みんなプロってことです。

でも、わたくしどもが考えるプロってものの定義は、きっとそこじゃない。なんかもっと、っぽいものなんですよ。

わたくしは、専門学校時代を含めるとこの世界に入って10年、商売をはじめて5年になります。その間で、自分なりにプロってなにっていうことを考えると、きっとこうなんじゃないかってことがあります。

プロとは、「徹底的な引き算のできる人」である、と。

うちに出入りしている高校生や大学生のなかには、玄人顔負けのエフェクターを作ってくる子や、おっさんを凌駕するギタープレイを披露する子がいます。

もちろん彼らにはたくさんの時間と集中力があり、僕らよりも有利なのは間違いないですが、彼らを見ていて、何でここまでできるのかって、考えてみたんです。

要するに、自分が何を作りたいか、何をしたいか、そのためには何が必要で、何がいらないのか、ものすごく考えているからじゃないかと、わたくしは思うんです。

たしかに、彼らの「仕事」は乱雑で、荒削りです。もちろん、商売にはなりません。

でも、「とりあえず」やるんじゃなくて、明確にゴールが見えているんです。そして、ここが決定的なのは、笑われようが批判されようが、まずは他人にそれを問うてみようという態度を持っていることです。

そのゴールは、コンセプトとアイデアの、徹底的な引き算をすることで、見えているものであり、だからこそ、乾坤一擲、彼らなりの勝負をかけることもできるわけです。

確かにこれは両刃の剣のようなもので、うまくいけばわたくしどもでもびっくりするようなパフォーマンスを見せてくれますが、しくじれば大怪我です。

しかし、大人はいろいろなことを考えるので、つい物事を複雑に考えてしまいます。そう、大怪我をすることを避けようとして、いろいろ保険をかけようとして足し算をします。そして、ゴールすら見失うのです。

それが証拠に、あれもこれも、やろうとして行き詰ったり、できなくなれば、そのいいわけを考えたりします。その時間を、前向きなことにつぎ込めば、なんか展開が開けるかもしれないのにです。

それに、「自分はまだまだだ・・・」などといいながら、自分のやったことをネットで晒して誰かに褒められたいとか考えたりしてしまいます。

それは謙虚なのか、傲慢なのか、さっぱりわからない。大人はそういう自己矛盾に陥っても気がつかないことがあります。

ようするに、大人は、中途半端に物事を知ってしまったり、よこしまな心をもっていたりするからこそ、いろいろ考えて支離滅裂になるんです。

かつてのわたくしも、そういうところがありました。それは今までボツになった企画や品物の数、いや、生きてきた軌跡そのものを振り返れば、わたくしも自身も支離滅裂だということを物語っております。

でも、わたくしがしるかぎり、どんな世界でも「プロ」といわれる人のしていることは、実はその高校生と同じなんじゃないかって思います。もちろん、プロに大怪我は許されませんので、きちんとリスクをコントロールした上での話しですが。

いままでいろいろな世界の「すごいプロ」を見てきましたが、その人たちはすべて、自分が「何を作りたいか、何をしたいか、そのためには何が必要で、何がいらないのか・・・」きちんと整理ができていた人たちだったと思います。

もちろん、皆さんの仕事はすばらしいものばかりです。そして、その人たちは自分のしごとをネットに晒したり、「俺の仕事だ!」なんてドヤ顔、絶対にしません。

いるものを置いて、いらないものは捨てる。実は人間、これがなかなかできなかったりします。できなくて人生を無駄に過ごす人なんて本当にたくさんいます。

わたくしもその一人かもしれません。おそらく、その見極めをしているうちに、歳をとり、死んでいくのでしょう。きっと人間って、そんなものかもしれませんね。



::臨時休業ならびに営業時間変更のお知らせ::
5月03日 伏見稲荷例祭に参加のため全日休業
5月05日 所用のため全日休業
5月06日 所用のため全日休業
5月12日 所用のため全日休業
5月13日 東京出張のため全日休業
5月14日 東京出張のため全日休業
5月15日 出張後の処理のため14:00から開店
5月19日 所用のため14:00から開店
6月01日 出仕事のため全日休業
6月02日 出仕事のため全日休業

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1367-f724b168

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。