ギター寅さんの日記 |2013年8月14日 学んだこと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1381-7342a17b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2013年8月14日 学んだこと

8月にはいってからこれまで、休業日や営業時間がたびたび変更になりまして、まことに申し訳ございませんでした。予告どおり、お盆明けからは通常の営業に戻れることになりました。なにとぞ、よろしくお願いいたします。さて、ご贔屓いただいているお客様や、お取引先様にはあらかじめご連絡をしていたのですが、休業日がこんなにもコロコロ変わったことには理由があります。

実は、わたくしの母が、大きな病気にかかり、その手術が昨日行われたのです。事の発端は8月2日でした。かねてから調子が悪いといっていた母を大きな病院に連れて行きましたところ、なにやら大きな病気であることがわかりました。その日以降、数多の検査をすることになったのですが、それに付き添っていたのです。おかげさまで手術は無事に成功し、当初予想されていたICUでの加療も、どうやら必要がないようで、一般病棟での加療となりました。

仕事の日程について、融通を利かせていただいたお取引先の皆様をはじめ、数多くの皆様に大変なご迷惑とご心配をおかけいたしまして、誠に申し訳ありませんでした。そして、多数のお見舞いのお言葉を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。皆様のおかげをもちまして、母が快方に向かっているということ、この場を持ちましてご報告申し上げますとともに、謹んで、そして厚く御礼申し上げます。

予告どおり、本日から通常の営業に戻りますので、何卒よろしくお願いいたします。

さて、母の病気が見つかってから約2週間は、いろいろと学ぶことの多かった2週間でもありました。

まず、すごいと思ったのはお医者様の仕事振りでした。検査から手術まで、ほぼすべての局面に接したわたくしは、検査のたびに、お医者様のプロフェッショナルな仕事に深く感動しておりました。以下、わたくしの実の兄のSNSでの書き込みの引用ですが、わたくしもこれにはまったく同感です。

「状況を的確に判断して、最悪のリスクを想定しながら、見通しと見込みをたて、その通りに成し遂げる。その結果、見込み以上の成果をあげる。そこには、「やる前からムリだと諦めるのか」とか「それを口にするのはダメだ」なんて精神論は微塵もないのですよ。」

いまや、ネットを見回せば、たとえば、自分が「こんなことをした」とか「あんなことをした」とか、「自分を褒めろ」とか、「どうだ俺は偉いだろ!」的なことか、あるいは、「~はこうあるべきだ」見たいな、押し付けがましい正義、感動の押し付け、そしてわたくしの兄が言うような、「うつろな精神論」ぐらいしか、見つけることができません。

それらは、他人のことを考えているようで実は、究極の自己中でしかないなあと感じるのです。

まあ、どこかに遊びに行ったとか、おいしいものを食ったとかなら、まだまだかわいらしく、ほほえましくもあるんですが、政治や仕事がらみのそういう記事を見ると、ようするに、その人が、「いかにいい格好をするか」という、それだけのことでしかないように感じるのです。そして、そういう人たちの言うことには、実はかなりの"盛り”がはいっているのではとも思うのです。

だからこそ、今回お世話になったお医者様をみていると、本当にすごいなと感じるのです。その仕事を誇るでもなく、時間がかかろうが難しかろうが、淡々とやってのけ、こちらのお礼の言葉にもはにかむような笑いを見せるだけ・・・。それは仕事だからそうなんだ、といえるかもしれませんが、それでも「死の渕から母を連れ戻してくれた」と言う事実は、「本物のプロがもつ凄み」みたいなものを、わたくしどもに見せ付けてくれているような気がします。

うちは「プロショップ」という看板を掲げております。その看板に恥じぬよう、今回お世話になったお医者様のような、そういうプロになりたいと思いました。



::::休業日・営業時間変更のお知らせ::::
8月17日(土)・・・09:00~15:00 Open
8月23日(金)・・・出仕事のため休業いたします。
9月中旬か下旬ごろ・・・東京出張のため二日間ほどお休みします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1381-7342a17b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。