ギター寅さんの日記 |2013年9月7日 こんなオヤジにはなりたくない。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1384-45534c6a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2013年9月7日 こんなオヤジにはなりたくない。

まずは、営業時間変更、休業日のお知らせです。

::::休業日・営業時間変更のお知らせ::::
09月07日(土)・・・都合により09:00~16:00までの営業となります。
09月08日(日)・・・都合により09:00~12:00までの営業となります。
09月10日(火)・・・出仕事のため休業いたします。
09月21日(土)・・・都合により12:00にオープンします。
09月28日(土)・・・店主ライブのため休業いたします。
09月29日(土)・・・都合により12:00にオープンします。
10月07日(月)・・・東京出張のため休業いたします。
10月08日(火)・・・東京出張のため休業いたします。
10月09日(水)・・・店主都合により休業いたします。

周りによくいませんか?中途半端な思い込みや知識で、若い人たちに偏った考えかたを押し付けようとするオヤジって・・・。

わたくしがサラリーマンをやめたのも、そういう上司がいたからでした。中途半端な精神論ばかりをいい、それが間違っていても改めようとせず、自分のミスを部下になすりつけて上にはいい顔をする。

いまはやりのドラマではありませんが、そういうオヤジになりたくなかったし、いつかその上司に倍返しをしてやろうと思い、サラリーマンをやめてこんな商売をしています。

アメリカにいたころ、フェンダーの工場の偉い人と会う機会があり、そのときに、新入社員用のトレーニングマニュアルをもらったことがあります。

社外秘なんじゃないですか?と聴きましたが、気にしないでといわれました。そこには、しかも、1ページ目にはこう書かれています。

「あなたの中途半端な知識や思い込みで、商品の良し悪しを決めないように。それを決めるのはお客様です。」

いきなり強烈なボディーブローを打って、思い込みやプライドをへし折ってくれます。こうして、徹底的な合理主義者に仕立てようとするところなど、アメリカ流もここに極まれりと感じます。

もちろん人間は、生きてきた中での経験や得てきた知識でそのキャラクターを作ります。だから、いろいろな考え方があってもいいと思います。

しかし、だからといって、それが正しいと他人の押し付けるのは間違っている。ましてや、反論することが憚られる若い人や、立場上それができない人に押し付けるのは、絶対に違う。

母の手術を執刀してくれたお医者様たちや、ケアをしてくれる看護士さんの仕事振りを見ていて、いつも感じていることですが、そこにはそんなつまらない精神論なんて、一切入り込む余地はありません。

本物のプロフェッショナルは、精神論を語りません。仕事で、結果で、背中ですべてを語ります。それでいて、他人にはどこまでもやさしい。それが本物のプロです。

今の時代は機械化が進み、職人仕事なんてもういらないとか、時代遅れだという人がいます。確かにそういう側面はあるかもしれない。

先述のフェンダーの工場では、一時間に4枚のストラトボディを切れるCNCルーターが何台かあるそうです。もちろん、職人の手仕事では、スピードや出来上がりの精度において、これにはかないません。

でも、この世の中には、職人にしかできないことがたくさんあります。

たとえば、ギターの工場で言えば組み上げです。これは、中途半端にロボットを仕立てるとプログラムを作るのに膨大な時間がかかるので、やはり人間の手で行うほうが効率的です。

それこそ、人間の感覚と脳というのは優秀なセンサーであり、手は、これまたロボットでは再現できない超精密且つ優秀なマニピュレーターです。組み上げには、人間のほうがロボットよりも優れています。

それから、わたくしはCNCルーターを作るマザーマシーンの工場を見学したことがあります。たとえば、ルーターに入っている刃物の研磨の最後の仕上げは、職人さんの手仕事だそうです。

指先一つの感覚で、コンマ何ミリの調整をやってのける職人さんがいるのです。その職人さんがいなければ、フェンダーは一時間に4枚のストラトボディを削りだすことはできません。

それでも、職人は不要なんでしょうか?それは違うと思います。わたくしは、ロボットや機械と職人さんの技術が合わさったときにこそ、最高の品物が出来上がると考えるほうです。

事実、優秀な職人はいい道具や機材を持っている人でもあるのです。

だから、職人なんかいらない、なんて考えかたをしている人とは、おそらく一緒に仕事はできません。そもそも、いい仕事ができそうな気がしません。

中途半端な知識や、くだらない思い込みしかないくせに、えらそうに若い人間に説教をしたりするオヤジをみていると、わたくしは「黙ってろ。」と思います。

ましてや、「昔はこうだった」なんて、まったくのナンセンスだと思います。それは自分が時代に取り残されているのだと白状するようなものです。

そういうオヤジだけには絶対なりたくない。むしろこの先わたくしは、若い人たちに頭を下げて、いろいろ教えてもらわねばならないと考えています。

先述のCNCルーターの刃を研磨する職人さんに、「すごいですねえ」とお声をかけると、はにかんだような笑顔で「いやあ…」と照れ笑いをされました。

「職人なんかいらない」とか、「くだらない精神論」をいう人が、なんとも軽い人間に見えた瞬間でした。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1384-45534c6a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。