ギター寅さんの日記 |2013年9月14日 本当にありがとうございました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1385-c1d74a63

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2013年9月14日 本当にありがとうございました。

まずは、営業時間変更、休業日のお知らせです。

::::休業日・営業時間変更のお知らせ::::
09月20日(金)・・・都合により休業いたします。
09月21日(土)・・・都合により12:00にオープンします。
09月22日(日)・・・都合により15:00に閉店いたします。
09月28日(土)・・・ライブのため休業いたします。
09月29日(土)・・・都合により12:00にオープンします。
10月07日(月)・・・東京出張のため休業いたします。
10月08日(火)・・・東京出張のため休業いたします。
10月09日(水)・・・都合により休業いたします。
11月23日(土)・・・所用のため休業いたします。
12月15日(日)・・・所用のため休業いたします。

おかげさまで、母の退院がきまりました。来週末には無事に、しかも自分の脚で家に戻ってこれそうです。今回は本当にたくさんの皆様にご心配とご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。

また、病院のお医者様、看護士さんをはじめ、スタッフの皆様には大変お世話になりました。この場をお借りしまして、謹んで御礼を申し上げます。ありがとうございました。

自分の母親のことを褒めるのはとてもおかしなことかもしれませんが、手術から一ヶ月、まさかこんなに早く退院できるとは思いませんでした。

また、入院前から家で寝込んでいたこともあり、からだもかなり衰弱していたのですが、いまや、普通に歩くことができるまでになりました。

普通の年寄りなら、体がしんどいだの、なんだかんだと言い訳をつけて、そのまま寝たきりになっていたかもしれません。

でも、本人の「回復したい」という強い意志がそうさせたのだろうと思います。必ずよくなってやる、という強い意志は、息子のわたくしが見ても尊敬に値するものでした。

さて、喜びもつかのま、昨年ガンの手術をした私の嫁のお母さんの容態がよくありません。嫁は週末ごとに実家に戻っています。先週末も、予定をキャンセルしてわたくしもお母さんのもとに行きました。

正直、余談を許さない状況です。万が一のときは、お母さんの許に駆けつけなければならないので、またしてもご迷惑をおかけするかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

今回、自分の母と、嫁のお母さんがほぼ重なるようなかたちで、命に関わるようなことがおきた、いや、おきているのですが、ふと思うことがあります。

わたくしどもは、あまりにも「死」ということに、頓着がなさ過ぎるような気がします。肉親や大事な人がなくなるということに、あまりにも鈍感なんじゃないかとおもうんです。

命は、何よりも大事という教育を、僕たちは受けてきました。本人の思いや、プライド、意地とかよりも、命を大切にすることだけが大事、ということだけを教えられてきたように思います。

もちろん、戦争や事故で命が奪われることは、まったくのナンセンスです。でも、そのことばかりを強調するがゆえに、わたくしどもは、人の死に方というか、どうすれば死んでいく人たちがいかに心おきなく死んでいけるのか、ということを考えられなくなってしまっているように思います。

事実わたくしがそうです。わたくしは目の前で死にかかっている命の前で、ただおろおろするか、へらへらすることしかできません。

話が飛躍して申し訳ないのですが、いま、安倍首相は自衛隊を国防軍にして、普通に戦争ができる国にしようとしています。

それはすなわち、不幸にもよその国と戦争になったとき、それこそ、そこらにいる若い人たちが、死んでいくと言うことです。

肉親の死ですらリアリティを感じられないわたくしたちに、おそらく「戦死者」を受け入れることは不可能なんじゃないでしょうか。自分には関係ないと事実から目をそむけ、知らない振りをするんじゃないでしょうか。

自分の母が生還した今、わたくしは嫁のお母さんの話を、できる限り聞いてあげようと思っています。へれへらせず、うろたえず、しっかりとその言葉を受け止めようと思っています。

そのときがきたときに、お母さん自身が何の心残りもなく、そしてわたくしどもが後悔しないためにも、しっかりとその言葉を受け止めて、記憶しようと思っています。

それが、死に向かい合うことだとわたくしは思います。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/1385-c1d74a63

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。