ギター寅さんの日記 |2009年11月5日

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/215-9124cc06

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2009年11月5日

いまだに信じられないことではあるのですが、エレキギターやロック、ポップミュージック、クラブサウンドなどを、いまだに程度の低いものだとか、そういう風に思っている人がおられます。

エレキギターを弾いたり、DJをしたるするということは、不良のするようなことだというような、化石のような人がいまだにいることに私は驚きを禁じ得ません。

人の思いはそれぞれなので、その考え方を否定はしません。逆に、ぼくはその人が高貴なものだと信じているもには、鼻くそのひとつでも擦り付けておいてやろうと思いますが。

そして、そのような考え方で僕の商売のジャマをしようってなら、僕はとことん戦います。こてんぱんにやっつけます。

しかし、事実としてそこに存在すること。音楽は常に異議申し立ての手段となりうること。若者が次の時代を切り開くための武器となってきたこと。そして、若者自身が、自分を変える道具としてきたこと。

古くは、ベトナム戦争を終わらせ、東西冷戦を終わらせ、世論を動かしたということ。下衆ならば下衆で大いに結構ですが、そういう事実があったということは抑えておいてほしいところです。

日本の隣には、某ややこしい国があります。その国は体制が崩壊でもしない限り、わが国にとっての脅威としてあり続けます。

でも、この国を打ち負かすには、ミサイルや戦闘機、軍艦なんて要りません。国境から大音響で刺激的なロックやラップを流し続けて、おいしそうな食べ物や、高級車のCMをバンバン流せばいいんです。

人は、大義名分よりも、快適な生活や刺激を求めて生きるものですから。この事実は、変えられないんですよ。






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/215-9124cc06

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。