ギター寅さんの日記 |2009年11月29日 フレットの打ちかえ その4 フレットの成型と仕上げ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/239-7945cbe5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2009年11月29日 フレットの打ちかえ その4 フレットの成型と仕上げ

フレットの打ち換えも最終工程にはいりました。一気にやっつけてしまいましょう!

PA0_0370.jpg
①フレットファイルを使って、フレットのカタチを成型します。

PA0_0371.jpg
②やすりを入れる目安は、先ほどの工程でつけいてたマジックが消えないように、できれば、残るマジックの幅が、きれいにそろうようにするのがいいです。

PA0_0369.jpg
③次に、ニードルファイルを使って、フレットの端っこを成型します。この作業を怠ると、演奏中にネックが引っかかるような感触が残ります。

PA0_0368.jpg
④400番から1200番まで、順次ペーパーがけをして細かい傷を消していきます。もちろん、フレットの端っこも同じようにかけていきます。

PA0_0367.jpg
⑤うちにはバフィングホイールがないので、自動車用のコンパウンドを使って、布を使って手でフレットをみがきます。これは、窓の油膜取りの定番、キイロビンです。いつの間にかラベルが取れていました。新しいのはどろっとしているのですが、フタをあけて一晩ほうっておくと、いい感じの堅さになります。

PA0_0366.jpg
⑥さらに、粒子の細かいポリッシャーを使って磨きます。うちがオススメの「光」を使います。

PA0_0365.jpg
⑦最後にナフサ(ジッポーのオイル)をかけて、残った鉄粉、コンパウンドを拭きとります。

PA0_0364.jpg
⑧ようやくフレットうち変え完了!続いてナットを成型します。※これは別の日に紹介します。

PA0_0363.jpg
⑨ペグを取り付けて・・・

PA0_0362.jpg
⑩弦を張替え、セットアップしてようやく完成しました。これからまた20年、がんばってもらいます!しかし、このギター、いよいよ原型をとどめていません。デフォルトで残っているパーツはペグだけになりました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/239-7945cbe5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。