ギター寅さんの日記 |2009年12月4日 ナット交換 その2 新しいナットを成型する。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/243-4dbe3022

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2009年12月4日 ナット交換 その2 新しいナットを成型する。

さて、次に、ナット材を成型して行きます。

PA0_0403.jpg
①ナット底面と上面にRの付いていて、厚みもそこそこ出ている、フェンダーギター向けにプレカットされたナット材を使いますが。基本的に、磨きをかけたりする前提があるので、普通は少し大きめにカットしてあります。240番ぐらいのペーパーをガラス板に当てて、ネックのナット溝に入るように厚みを調整します。

PA0_0401.jpg
②厚みが出たら、いちどナット溝にナット材をセッティングして、ナットのカタチを罫書きします。すこし、高い目にとっておきます。高すぎるのは修正がききますが、削りすぎて低くなりすぎるのは、どうがんばっても修正ができないからです。

PA0_0400.jpg
③一旦、ギターからナット材をはずして、バイスに固定して罫書きにあわせてカタチを出していきます。

PA0_0399.jpg
④同じく、ナットの幅を出していきます。

PA0_0398.jpg
⑤ナットの端っこは、きれいな直角になるように削ります。ここがまっすぐでないと、仕上がりがもっさくなります。

(続く)

::::::::お知らせ::::::::::
12月5日は臨時休業いたします。京都におりませんのでよろしくお願いします。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/243-4dbe3022

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。