ギター寅さんの日記 |2010年3月16日 

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/346-3e785d6a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010年3月16日 

文字通り、幼少のころに父親に捨てられた僕の、父親代わりをしてくれた叔父が、急に倒れました。先週末のことです。スタジオでバンドの練習を兼ねてピックアップのテストをしているときに、その知らせを受けました。意識ははっきりしているものの、少し容態がわるく、いまは病院のICUにはいっていて絶対安静状態です。面会謝絶状態が続いています。

先週、うちに来たときは、ぴんぴんしてました。くだらない冗談を言って笑ってました。それがいま、ICUにはいって、動けなくなっている・・・。いまだに僕には信じられません。

僕を捨てた親父は、詳しくは知りませんが、いま、そのときに一緒になった女とよろしくやっているらしいです。悪い事をした奴が、命にかかわるような病気になるわけでもなく、しぶとく生きているにもかかわらず、朗らかで、穏やかで、それでいていつもまじめだった叔父が、なんでこんな目にあうことになるのでしょうか。

もしも、今何かを信じれば、叔父が無事に帰ってくるというなら、僕は喜んでそれに帰依します。けれど、そんなものは絶対にありません。世の中には、おそらく神も仏もありません。そんなもの今の僕には鼻くそ以下です。僕のことを知ってかしらずか、今日仕事をしていたら、偶然に某宗教の勧誘の人が来ました。僕は危うくその人を蹴り倒すところでした。まあ、勧誘の人からしてみればどえらい災難だったでしょうが。

信じられることは目の前に見えていること。自分のできる範囲でできること。そして、祈ること。帰依するのではなく、叔父の気力と体力に恃むこと、それしかありません。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/346-3e785d6a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。