ギター寅さんの日記 |2010年6月3日 ここでおさらい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/425-74876673

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010年6月3日 ここでおさらい。

当店が発売を開始しましたSGH-1、TGH-1シリーズについて、ここで改めて商品説明のおさらいをしておきたいと思います。

当店のSGH-1、TGH-1 Planeシリーズは、それぞれのキャラクターを残しつつも、ストラトやテレキャスターを弾く人が直面するネガティブな要素を排除することを目的に企画、デザインされました。現在、ほとんどのギタリストが、マルチエフェクターを使用しますが、たいてい聞かれる声は、「音がやせる」ということでした。それならば、パワーを持ち上げて、エッジをきっちり利かせることをメインコンセプトに、企画をスタートしました。

当初は、コイルの巻き数を上げると、シングルコイルらしい抜けのよさがなくなるということがあるので、コイルの巻き数をそのままか、あるいは減らした上で、磁石そのもののパワーを上げてネオジウムなど使って、ピックアップのパワーアップを試みましたが、あまりにも磁力が強すぎて、弦の振動を殺してしまうことがわかりました。結局はアルニコ5に戻ってくるのですが、パワーを上げながらシングルコイルらしい抜けを残すために、通常よりも長いポールピースを採用することにしました。

また、コイルの巻き数とポールピースの長さを木目細かく変化させることによって、それぞれのキャラクター付けを行うことができました。SGH-1,TGH-1シリーズは、それぞれ3種類の違ったキャラクタをもつピックアップをラインナップするにいたりました。

SGH-1 Plane Ver1 Set¥37800
SGH-1.jpg
まずは、SGH-1 PlaneVer1です。アルニコ5ポールピース、AWG42ワイヤー、バルカナイズドファイバーのフラットワーク。手堅い部品をチョイスしながらも、現代風にパワーアップしてあります。アルミシールディングを施しノイズを減少。18ミリのポールピースを採用してシングルらしい抜けも残すことにしました。GWNNピックアップのスタンダードです。
フロント:ワイヤ9500ターン時計回り、N極が上 6.7KΩ  
ミドル :ワイヤ9500ターン反時計回り S極が上 6.7KΩ
リア  :ワイヤ10000ターン時計回り N極が上 7,3KΩ

SGH-1.1 Plane Ver1.1 Set ¥40950
SGH-11.jpg
そして、SGH-1と同じ構成ながら、さらにコイルの巻き数を15%アップしたのがSGH1.1です。中高音域のストラトっぽさを残すため、さらに背の高い20ミリポールピースを採用。ジャンルを選ばないフラットな特性を持っています。
フロント:ワイヤ11000ターン時計回り、N極が上 7.7KΩ 
ミドル :ワイヤ11000ターン反時計回り S極が上 7.7KΩ
リア  :ワイヤ11500ターン時計回り N極が上 8.1KΩ

SGH-1.2S/N Plane Ver1.2 ¥14700
SGH129.jpg
そして、SGH-1.2です。唯一、ばら売りがデフォルトです。SGH-1.1よりもさらに長いポールピースを採用し、巻き数も上げてあり、パワーアップがはかられています。ストラトのリードプレーはもちろん、ピックアップがSSHやHSH配列のギターに搭載しても、ストラトっぽいキャラは残しつつパワー負けしません。
スペック:ワイヤ12500ターン巻き 9.2KΩ、とりあえず、N極が上、時計回りにコイルを巻きつけたもの(SGH-1.2N)と、S極が上、反時計回りにコイルを巻きつけたもの(SGH-1.2S)があります。

TGH-1 Plane Ver1 Set¥25200
TGH1.jpg
そして、テレキャス用のスタンダード、TGH-1です。アルニコ5ポールピース、フロントにはAWG43 ,リアにはAWG42ワイヤー、バルカナイズドファイバーのフラットワークなど、手堅い部品をチョイス。コイルの巻き数を増加して現代風に若干パワーアップしてあります。コイルの巻き数を増やすと、中高音域がスポイルされる傾向にありますが、従来よりも約2ミリ長い、18ミリのポールピースを採用して、テレキャスらしい音抜けのよさも持たせています。また、リアピックアップにはコイルにアルミシールディングを施し、ノイズを減少させています。
フロント:ワイヤ8000ターン時計回り、 N極が上 7.0kΩ
リア  :ワイヤ10500ターン反時計回り S極が上 7.6kΩ

TGH-1.1 Plane Ver1.1 Set¥27300
TGH11.jpg
TGH-1と同じ構成ながら、さらにコイルの巻き数を20%アップ。中高音域のテレキャスっぽさを残すため、さらに背の高い20ミリポールピースを採用。クリーンの抜けのよさ、それなりに歪ませても音が破綻せず、ジャンルを選ばないフラットな特性を持たせています。コードを引きながら唄を歌いながらも、間奏でソロを利かせるギターボーカルの方にお勧めします。
フロント:ワイヤ9000ターン時計回り N極が上 7.9kΩ 
リア  :ワイヤ11500ターン反時計回り S極が上 8.5kΩ

TGH-1.2 Plane Ver1.2 Set¥29400
TGH121.jpg
TGH1.1よりも、さらに背の高い22ミリポールピースを採用し、コイルの巻き数も増やして、さらにパワーアップしました。テレキャスターのきちんとしたキャラクターを残しながら、きちんとリードプレイができることをコンセプトにデザインしました。
フロント:ワイヤ10000ターン時計回り N極が上 8.7kΩ 
リア  :ワイヤ13000ターン反時計回り S極が上 10.3kΩ

※なお、SGH-1.2以外のばら売りは受注生産となります。
※GWNNピックアップはデザインの都合上、ポールピースが高くなっています。お買いもとめの際は、お手持ちのギターのピックアップザグリのご確認をお願いします。
※初回生産分をのぞき、マウントネジ、スプリングは付属しません。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/425-74876673

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。