ギター寅さんの日記 |2010年6月11日 ストラト用ピックアップの新シリーズ「P.O.F」

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/434-d6a0e7fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010年6月11日 ストラト用ピックアップの新シリーズ「P.O.F」

新しいピックアップのシリーズを発表します。

SGH-2 ”P.O.F”Powered Old Fashion Set¥44100

■いわゆるヴィンテージストラトのピックアップの形状を踏襲しつつ、考えうるいろいろなアイデアを盛り込んでみました。中央の高いポールピースと、パワーのあるコイルで、ストラトらしさとパワーの両立を目指しました。SGH-2、Powered Old Fashionと名づけてみました。

■まず、コイルワイヤーは、一般的に良く使われるAWG42ではなく、テレキャスターやその他カスタムピックアップに使われるAWG43番を使用し、AWGと同じ体積のボビンで、約1.5倍のパワーを出しています。

■SGH-1シリーズで、中音域が弱いという指摘を受けましたので、今回はビンテージ風にポールピースをスタッガードしました。フレットボードのアールのきついヴィンテージギターであっても、3弦4弦の反応をよくするために、背を少し高くした、アルニコ5カスタムポールピースを採用しました。

■ボビンは、従来どおりバルカナイズドファイバーを高精度レーザーカッターで切り抜きました。

■リードワイヤーは耐熱ビニール皮膜のものを採用しています。ホット(白)コールド(黒)のほかに、アルミシールドにつながったアース(黄)のリードワイヤーが付いています。配線のときに、適当にポット後ろなどに半田付けしてください。

SGH22.jpg

■ワックスポッティングは構造に無理のかかる真空含浸を採用せず、そのかわりに、通常の気圧でも、熱したときに粘度が低く、隅々まで行き渡り、固まれば通常のものよりも硬度が高い、歯科技工用のパラフィンワックスを配合したものを採用しました。

■1個体ごとに、シリアルナンバーを刻印してあります。シリアルナンバーはこちらですべて記録、管理してあります。

■ピックアップは、ポジションごとにキャリブレートてあります。コイル巻き付け方法、磁性はフェンダーのカスタムショップ製のものにあわせてあります。

リアは、ポールピースはN極が上、コイルを10500ターン時計回りに巻き付け、DCRは9.7KΩあります。
ミドルは、ミックスポジションの時に、ハムキャンセルができるよう、ポールピースはS極が上、コイルを10500ターン反時計回りに巻き付け、DCRは9.7KΩあります。
フロントは同じくN極が上ですが、ワイヤーを10000ターン時計回りに巻き付け、DCRを9.4KΩと、若干パワーを下げてあります。

■パッケージはお客様の負担を軽減するために、簡易包装とさせていただいておりますが、パッケージにはピックアップごとのシリアルナンバーとスペックを記載してあります。

※ばら売りは対応しかねますので、ご了承ください。
※ピックアップの交換は、専門の知識を持ったリペアマンにお任せすることをお勧めします。
※初期不良以外の返品、使用後の返品は受け付けませんのでよろしくお願いします。
※マウントネジはモデルによっては長い場合があります。

以上、よろしくお願いします!

~臨時休業のお知らせ~
6月13日、14日は臨時休業いたします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/434-d6a0e7fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。