ギター寅さんの日記 |2010年7月14日 試行錯誤の繰り返し

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/467-5da36cdd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010年7月14日 試行錯誤の繰り返し

PA0_0773.jpg

現在進行中のハムバッカーの試作ですが、いまいちいいのができません。とりあえず、コンセプトとしてあげている、構造が簡単なこと、それから、タップをしたときに、きちんとシングルコイルの音がすることを目的にやっていますが、仕上がったものはなんかいまいちなかんじです。思いのほか、キンキンした音がします。もう少し、ポールピースを短くして、コイルの厚みをもたせて、もう少しふくよかな音を狙ってみようと思います。

PA0_0772.jpg

さらに、同時に進行しているJazBassのオリジナルピックアップ、「フジエダ一号」です。ようやくファイバーが仕上がってきて、ボビンを作ってみました。なんか、真ん中が割れていて、おかしな感じになっていますが、1.2弦と、3.4弦で、コイルをスプリットしています。

いわば、プレベのピックアップのような構造です。

それぞれ、磁極性とコイルの向きを逆にしてあります。直列につなげば太い音、並列につなげばブライトかつ、クラシカルな音が出る予定です。さらに、リアとフロントでさらに磁極性とコイルの向きをオフセットにマウントします。これで、ハムキャンセルをして、ノイズを軽減させます。

この構造を利用して、たとえば、ボリュームコントロールを、写真のようなプッシュプルスイッチにしておけば、それぞれのピックアップを並列にしたり、直列という具合に、さらに木目細やかなサウンドメイクが可能になります。

southside605jp-img600x450-1273113303bryunu67473.jpg

ちなみに、この写真のコントロールシステムは、ダンカンのSTK-J1、STK-J2や、ディマジオDP249 などの、スタックコイル、4コンダクターケーブル仕様のピックアップを搭載したジャズベースにも使用可能です。オークションに出品しています。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n88324486
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/467-5da36cdd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。