ギター寅さんの日記 |2010年10月10日 欧米人、アジア人・・・・。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/552-be04b204

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010年10月10日 欧米人、アジア人・・・・。

101009-2.jpg

このブログでもちょこちょこ書いていますが、ギターの仕事以外にも副業をしておりまして、その中に、通訳の真似事みたいな仕事があります。先日は、いつもお世話になっている湧波「大」先生のところに、アメリカ人の方が陶芸体験をされるということで、それの通訳に行ってきました。

今日は、いわゆる日系の方がお見えでした。黙っていたら、そこいらにいる、普通の日本のおにいちゃんとおねえちゃん、という感じですが、中身はアメリカ人です。姿は僕らと同じでも、まったく違う国の人と理解するほうが無難です。

で、彼らの陶芸体験を通訳をしながら見させてもらったのですが、いくら育ちがアメリカでも、日本人の血は争えないなあと実感しました。やはり、彼らもアジア人、大味ないわゆる普通の欧米人から比べると、仕事が細かく丁寧です。湧波先生も感心していました。

どちらが上で、どちらが下、という優劣をつけるつもりはありませんが、やはりこれは、アジア人のほうが、向いている仕事なのかと思いました。

翻って、僕たちギターの世界は、やはり欧米人、とりわけ白人が優位な世界です。新しい技術や仕組みは、たいてい欧米人から出てきます。それこそ、副業で世話になっているアメリカの人など、その最先端を行っているわけで、それこそ本業のほうで、何度助けられたか、数えればきりがありません。

世界の人々が、それぞれの得意分野で助け合うことができれば、地球はもっと住みやすい・・・。へたくそな大義名分を語ったり、危機感をあおるよりかは、そういう目に見える形でお互いを意識しあうことができたら、どれほど面白いものができることでしょうか。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/552-be04b204

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。