ギター寅さんの日記 |2010年10月19日 PBのカスタム回路を考えたり・・・。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/561-71ed51b4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010年10月19日 PBのカスタム回路を考えたり・・・。

とあるお客様から、お手持ちのPBの電装系の改造の相談をお受けしています。まず、JBのピックアップを増設して、そこからどうするかって話になっていますが。

今のところ、ピックアップはリアもフロントも合わせて作ってしまおうかと思っています。フロントは通常のPB、リアはフジエダ1号。磁極とコイル巻きつけ方向を合わせて、いわゆる2ハム状態にしてみてはとか、考えています。

とりあえず、そのお客様がどんな音楽をされるのかですが、いろいろ考えていくのはとても楽しいことです。

で、昨日は中学校の軽音楽部の練習にいってきました。最近、僕になれてきたのか妙にだらだらします。文化祭前でいろいろ忙しいのはわかりますが、かといって練習をおろそかにしていいということはありません。

いま、かりゆし58の、「おわりはじまり」という歌を練習しております。その歌詞のなかで、こんなくだりが出てきます。「残された日々の短さ 過ぎ行くときの速さ 一生なんて一瞬さ 命を燃やしているかい?」そんなだらだらした練習で、そんなメッセージの曲をやるなんて、人をバカにしているのかと言いたい。

言葉には、その言葉を発する人によって、重みってものがあります。とりあえず、演奏をしてやっつける、という態度の奴が、そんな歌を歌ったところで、聞き手に何を与えられるのでしょうか。鉄は熱いうちに打てです。そんな中途半端なことをしても、なんとも思わないセンスが中学生のうちに身についてしまうことは、周りの大人として絶対に許してはいけないことです。

大人として、物分りがいい、ということと、子供の言いなりになることはぜんぜん別の話です。あかんことはあかんと言い切れなければ、その境目はどんどんあいまいになり、お互いに不幸になってしまいます。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/561-71ed51b4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。