ギター寅さんの日記 |2011年1月9日 ピックアップ選び

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/638-6a197ff9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年1月9日 ピックアップ選び

gwnnTLLB.jpg

テレキャスターに限ったことではありませんが、ピックアップの選択ってむちゃくちゃ難しくないですか?僕らプロでも、正直なところわからないところがあります。ショップの人はいろいろ推薦してきますけれど、ぶっちゃけた話、半分はばくちみたいなものです。

それに、インターネットにあふれるアマチュアの勝手なレビュー。あんなものははっきり言って屁のたしにもなりません。それらの評価は、プロの目から見れば、自分の好みか、あるいは経済的に、あるいはその他の理由で、それらをチョイスするしかなかったギターや機材に組合わせて、試したものに過ぎないからです。

それらにあうピックアップならよい印象を得られるでしょうけれど、あわなければ、おのずとネガティブな評価になってしまいます。さらに、突き詰めて言えば、いろいろな人の、いろいろな機材の組み合わせに、そつなく順応し、そこそこの評価が得られるピックアップは、今度は特徴がないといって、批判されたりします。

実は、みんな公正な評価している気でいるのですが、結局は、ものすごい狭い世界観で物事を判断して、批判をしてあら捜しをしているだけに過ぎないのです。僕は思います。最終的に、それらの情報は、ピックアップをチョイスする上ではよい材料にはなりません。

じゃあ、どうすればいいのか?最終的には片っ端から気の向いたものは試すしかないんです。それは行き着くところ、自己責任でしかないのです。それを勧めた店員や業者を責めるのはやはりどこかお門違いです。疑わしいのなら、買わなければいい。

それでも見つからないなら、最後は自分で作るしかないんです。かくいう僕も、それほどまでにたくさんのピックアップを試したり、作ったわけではありませんが、それなりに経験してきた中で、ひとつだけ判断ができるものさしがあります。

それは、はずれの少ないものというのは、実は誰もが知っているようなビッグネームが使っているものではなく、それらのアーティストのツアーや、レコーディングに帯同するバンドのメンバーが、使っているものなのではないのかと。

サンフランシスコ時代にとあるバンドのバックでギターを弾いていた人と一緒に仕事をしたことがありますが、彼らはアーティストでありながら、実は職人的な一面を持ったプレイヤーでもありました。そういう意味では、ピックアップのみならず、彼らの機材の選択は手堅いものがあったりします。

もちろん、これはピックアップに限ったことではなく、周辺機器でも同じことが言えるのですが。有名どころが使っていないからといって、終わっているという判断を下す人がいたりしますが、それではあまりにも見識が狭いし、楽しみも半減します。

あふれる情報に踊らされるのではなく、最後は自分の経験と耳を信じること。それでもなお、それがすべてだとは思わないこと。それこそが、ベストなピックアップにたどり着くひとつの方法だと思います。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/638-6a197ff9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。