ギター寅さんの日記 |2009年5月5日 雨 人間の感性とはいい加減なものだ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/64-0df6048b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2009年5月5日 雨 人間の感性とはいい加減なものだ

以前の、パスワード制を弾いていたころのブログは、見ている人が限られていて、しかも顔もだいたいわかっているという気安さからさ、かなり過激なことを書いていたように思います。しかし今は、ネット上に完全公開となり、ある程度は言葉を選んで書いていかなければなりません。

しかし、どうしても皆さんに伝えておかねばならないことがあります。

僕は、かねがねうちにこられるお客様に、お客様の音源を聞かせてもらったり、なければどんな音楽がすきなのか、常にたずねて聞いています。商売は、本来、こちらが売りたいものを売りつけるのではなく、お客さんが求めているものを見つけて、提供するということ・・・。うちは、それをもとに最適な選択をオススメするわけですし、各メーカーは資本力に物を言わせて、どこまでも、お客さんの求めているものを研究し、次々と新しい商品を作り出してくるのです。

少なくとも、楽器屋として看板を上げている以上、普通の人よりかは楽器に対する知識や技術があるとは思います。出したい音があれば、それに合わせてどんな機材を使うのか、どんな調整をするのか、いろいろとアドバイスはできます。しかし、それが常に最良の答えであるとは限らないことを、どこかで分かっておいてほしいのです。こういう書き方をすれば、「どないやねん!」と叱られるかもしれませんが。

なぜなら、人間の感性というものは意外といい加減、というか都合よくできているもので、たとえばお汁粉に少し塩を入れると余計に甘く感じたり、目の錯覚で平行線が斜めを向いて見えたりするからです。さらに、先入観というものが強くあれば、普通のものでも、なにかいいものに思えてしまったり、逆に粗悪品みたいに思えたり・・・・。そこには、絶対的なものさしが実はないんです。

一番分かりやすい例としていつも話をすることですが、たとえばトーンコントロールにつけるコンデンサー。数千円出して取り付けた高いコンデンサーと、日本橋あたりで売っている一個10円程度のコンデンサー。同じ条件のギターで取り付けて、同じ条件で音だしをしたとき・・・、すみません、僕には聞き分けが付きません・・・。なんとなく、高いほうがいいんだろうなとか、そういう風には感じますが。誤解しないでくださいね、けっして、頭ごなしにそういうのを否定している、ということではないですよ。きちんと音響解析をすれば絶対によい結果は出ているんですよ、高い部品は高いなりに。

ただ、僕が言いたいのは何かというと、所詮人間の感性とか感覚というものは、どこまでもいい加減なものならばこそ、いろいろ試して、そこで自分の感覚にぴったり来るものを見つければいい・・・。実は楽器の改造や修理の醍醐味は、そこにあると思うんですよ。なぜなら、答えがすぐに見つかれば、多分、皆さんはギターを弾くことに飽きてしまうのではないでしょうか。誰も彼もカンタンにヴァン・へイレンになれたり、リッチーやイングヴェイになれたら、彼らは偉大なるギタリストの称号を返納しなくてはならないし、誰も彼らを超えようとはしない。そこに高い山があるからこそ、登りたくなるのは人間の習性なんですよ。

年式とブランドだけで高値が付くギターよりも、弾き手の考え方のやスタイルが染み付いたギターのほうが、道具として絶対に価値がある・・・。一流とは、「一徹」に「流儀」を貫くからこそ一流であって、有名ブランドだから、高価だから、ということではないのです。人間の感性はどこまでもいい加減です。だから「一徹」に答えを捜し求めていく、自分なりの「流儀」をもつべきだと、いつも考えています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/64-0df6048b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。