ギター寅さんの日記 |2011年3月15日 僕らにできること

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/709-0136609f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年3月15日 僕らにできること

なんて、どんなことでしょう。思い出したように募金をしたり、献血したり、ボランティアを志願したり、いいことだとは思います。

けれど、僕はあえてそれをしたいとは思いません。むしろ、いつもと同じように淡々と、仕事をこなして行きたいと思います。来年、一円でも多くの税金を納めることこそ、僕らができること、いや、するべきことです。

その先に、初めて募金やボランティアがあると思います。

仙台で被災した兄は、若いころ神戸でも瓦礫の山を見ています。その兄がこういってました。「こういうときは、自分のできることをやる」と。

廃墟を何度も映し出すテレビを見ながら思います。復興はそれこそ僕たちの力にかかっている。日本のほぼ半分が壊滅した今、兄の言葉に重みを感じます。

人は自分のできることしかできない。でもその根源には、きっと「何かをしてやろう」という意欲があるはずです。

マスコミやネットは、徹底的に破壊しつくされた世界と、そこで繰り広げられる「助け合い」という美しい言葉に隠された「死に物狂いの戦い」しか伝えない。

それは、僕らから、「何かをしてやろう」という意欲を奪ってしまいます。

だからこそ、そういう情報からちょっとだけはなれて、この「何かをしてやろう。」というイメージをもって、前を向いて進む必要があるんだと思うのです。そのためには、今の自分の仕事をどれだけ充実させられるかってことも、無関係ではないのです。

苦しんでいる人がいるのに、自分はいつもどおりの生活をしていていいのかと、自分を責める暇があるなら、まったく無謀なボランティアに出向くぐらいなら、そういうイメージを作り、自分の生活や仕事に対しても誠実さを貫くこと、それこそが、僕らにできる一番大きなことだと思います。

被災していないから、そんなのんきなことが言えるのだという人もいます。確かにそうかもしれません。けれど、「被災者のためにできること」という思いばかりが先行し、「被災しなかったからこそできること」という視点を忘れてしまえば、それこそ被災者のためにはなりません。

僕は自分の未来も、この国の未来も、その「何かをしてやろう」という創造性から生まれてくると思います。何でもいいです、仕事でも表現活動でも、なんでもいい。廃墟を前に難しいかもしれないけれど、そこから「何かをしてやろう」という創造性を持っていたからこそ、日本人は戦災からも、先の震災からも復活を遂げたのだと思います。

今こそ、そのことを忘れてはいけないのです。

::::::お知らせ::::::
以降の休業予定は下記の通りです。
若干変更がありますのでご注意ください。

4月8日午後から11日午前中まで
アメリカからジェシー君と奥様来日のため。

それぞれ休業いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/709-0136609f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。