ギター寅さんの日記 |2010年5月10日 秘密兵器

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/763-3d51883b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010年5月10日 秘密兵器

110510_1232~01

ひとつは、仏壇磨きの「光」、もうひとつはジッポーのオイルです。何に使っているのかというと、京都屋さんをはじめ、中古楽器の清掃や磨き上げに使います。

まず、「光」ですが、これは漆ギターのところでも紹介したとおり、もともとは仏壇磨きのポリッシャーです。唐木、塗り、金属、めっき、表面を選ばず、汚れを取り、キレイな光沢が出ます。仏具店に勤務しているときも、現場仕事には必携のものでした。

なによりも、仏壇相手なので線香などでいぶされたような汚れもキレイに取ることができます。タバコのヤニ汚れも、同じようにキレイに取り除くこともできます。

そして、ジッポーのオイル。まさか、いくら汚れているからってギターを水洗いするってわけには行きません。そこで、このオイルを使います。昔は灯油を使っていたのですが、頭が痛くなるので、最近はもっぱらこれです。、また、シリコン系の潤滑材でさびを落とした後に、すすぎに使ったりもします。

昔は、ナフサだったらしいのですが、いまは合成イソパラフィンという物質でできています。主な使い道は、燃料としてはもちろんなのですが金属やゴムや樹脂などの部品を洗浄するのに使われているものです。

ギターの塗装素材も、樹脂の一種ですから、洗浄にはうってつけの素材といえます。なお、このオイルには面白い使い方があって、買い付けてきた木材にシャッとかけると、シースルーで塗装をしたときに、木目がどんな風に出るか確認することもできます。水とは違って、すぐに揮発するので材木の湿度に影響を与えません。

まさか、ジッポーのオイルはうちでは売ってませんが、光は当店で販売もしています。価格は1800円です。


::::下記の日程で臨時休業いたします::::
5月22日 消防団査閲のため
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/763-3d51883b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。