ギター寅さんの日記 |2011年7月2日 とあるイベントでの出来事

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/817-d951cbd9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年7月2日 とあるイベントでの出来事

とある大学の音楽イベントを手伝いにいったときのことです。ステージで入れ替わり立ち代りいろいろなバンドがやっていた中で、ふと目を引くギタリストがおりました。

周りのみんなが、有名メーカーの、それもそこそこ高価な楽器や機材を使っている中で、彼はフォトジェニックのレスポールモデルを弾いていました。

どういう仕掛けの中でそれを引いているのかはわかりませんでしたが、しっかりと音も出ているし、演奏もそこそこうまい。

みんなが「安かろう悪かろう」と思っている楽器が、そこまでのポテンシャルを発揮するとは、意外な気がしましたが、よく考えれば当たり前の事かも知れんなあとも、思ったりしました。

彼がステージを終えて、袖に降りてきたときに、声をかけてみました。そのギターでそこまでのパフォーマンス、すごいねえ、と声をかけると、「僕はお金もないし、楽器の良し悪しもわからないし、手の届く範囲で精一杯やってるだけですよ」とのこと。

かれに、何とかレスポールカスタムでも持たせてあげたいなあ、と思いました。

もちろん、いい楽器を持つことは、いいパフォーマンスのためには必要なことですが、それ以上に、本人の気の持ちようも大事なんだなあと、教えてもらったようにおもいます。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/817-d951cbd9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。