ギター寅さんの日記 |2011年7月11日 25年目の浮気③

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/826-610b927b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年7月11日 25年目の浮気③

930338759.jpg

なんだか、マジでジャズマスターがほしくなってきました。大好きな、エルヴィス・コステロ師匠のような、そんなプレーをやってみたい、そんなことを考えています

さて、ギター職人はいいプレイヤーであるべき、という考え方で、バンドをやっていることは昨日も書いたとおりですが、いざ、どんなジャンルをやっているのかというと、これが定まりません。

いちおう、メンバーの間で認識していることは、おそらくうちは、ロックバンドなんだろう、ということではあるのですが、まず、メンバーそれぞれの音楽的趣向がばらばらで、これでよくまとまってるなあ思うぐらいです。

したがって、やっている楽曲も、ハードロックみたいなものから、ジャズっぽいもの、フュージョンの真似事、ブルーズ、カントリーみたいなもの、歌謡曲、演歌、フォーク、と本当にいろいろです。メンバーで作った曲も志向はばらばらです。

でも、へたくそにみんなが同じ方向を向いているよりかは、そっちのほうがおもしろいと感じるのです。何でもあり、かっこよく言えば、オルタナティブな感じってのは、実は音楽の一番の醍醐味かもしれません。

面白いことに、既成の価値観を否定するパンクや、オルタナティブ系のアーティストに使っている人が多いのが、このJazzMasterでもあります。エルビスコステロ師匠のほかにも、カート・コバーン(アメリカ人にはコベインと発音しないと通じなかった。)の演奏が、僕は大好きです。まあ、彼の場合はピックアップがハムになっていて、後のトルネードみたいな音になっているのですが。(Nevermindももう20年も前か・・・・。)

457217.jpg
この写真、よく見るとジャガーですねえ。

数年前、東本願寺の掲示板に、「ばらばらでいっしょ」という看板が出ていたのを覚えています。一瞬何が言いたいのか、よくわからない文言ですが、ようは、人間はいろいろなんだから、それをお互い認めようよ、っていうことなのでしょう。音楽もそれぞれのジャンルのいいところを認めて、取り入れればおもしろいのと、同じなんでしょう。

しかし、ニルヴァーナとは、「涅槃」という意味だそうです。オルタナ系バンドの名前としては、できすぎです。








スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/826-610b927b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。