ギター寅さんの日記 |2011年8月11日 新しいギターを買いました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/857-6be29366

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年8月11日 新しいギターを買いました。

PA0_0432.jpg

自分で作ったり、企画したりできるのに、新しいギターを、しかも中古のものを買ってしまいました。少し前、このブログで紹介してたジャズマスターです。ついに、手に入れました。

よりによって、こんなに使いにくいギターを何で買ってしまったのか、自分でもよくわかりません。使い方によっては大暴れするピックアップ。アーミングすれば、それこそ、チューニングが全体的に浮き上がるように狂ってくれるフローティングトレモロ。なんとも不可解なプリセットスイッチ。どう考えても、道具としては完成度の低いものです。

でも、ふと思ったのです。人間の五感というのは、実はいい加減なもので、絶対的なものさしがありません。基本的に相対的なものでしかなく、それまでの経験や得た知識で大きく左右されます。僕らが常識的に「よい」と思っているスペックを持つギターも、人によってはどうでもよいものだったりします。つまり、最終的な判断基準は、ひとりひとりのものであって、その決定が「絶対」なのです。

そうでなければ、このギターが売れるのはおかしいということになります。

僕らのように、いろいろなことを知っていると、つい、「アドバイス」と称して人々を惑わせることがあります。だから、時々こんな「使いにくい」ギターを使って、自分の五感をリセットする習慣を付けておかないと、自分の知っていることを押し付けるだけになって、本当にアドバイスの必要な人たちが考えていることが理解できなくなります。それは、ただの傲慢な人間とも映ってしまいます。それを防ぐためにも、このギターを買ったといっても過言ではありません。

で、そこまで言うならということで、先日イレブンギターズの岩崎君にもらった、ERO(ドイツ レーダーシュタイン社)製のコンデンサーを、通常のトーン、ボリュームコントロールと、プリセット側のトーン、ボリュームコントロールに取り付けてみました。EROといえば、オーディオマニアなどの間で、高級部品として知られているブランドです。

PA0_0433.jpg PA0_0434.jpg

どんな感じになるのか、今度スタジオで使ってみようと思います。もちろん、ジャズマスターの常識とされている静電容量とは大きくかけ離れていますので、「常識的」にみればおかしなことをしているのですが、はたして、どんな効果が出るのでしょうか。楽しみです。

::::休業日のおしらせ::::
ご迷惑をおかけしますが、下記の日程にて休業させていただきます。
8月16日(火)夏季休業
8月24日(水)夏季休業
8月25日(木)夏季休業
8月26日(金)夏季休業
8月28日(日)消防団研修のため
8月29日(月)ギタークリニック開催につき出張のため
9月19日(月)ライブのため、
それぞれ休業いたします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/857-6be29366

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。