ギター寅さんの日記 |2011年10月19日 黒澤さんの展示会に行ってきました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/924-a3a341b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年10月19日 黒澤さんの展示会に行ってきました。

ESP時代の恩師である田村先生は、現在黒澤楽器にお勤めで、毎年この時期になると展示会の案内を送ってくださいます。昔のよしみとはいえ、注文もしたことがないのにいつも申し訳ないかぎりです。

でも、いつもなかなか面白い展示をしておられるので、本当に勉強になります。今年は新しく取り扱われる、John Page Guitars と J.W.Black Guitarsの展示がありました。

お二人とも、かつてはFenderのカスタムショップにおられた方で、JohnPageさんは、Bulletシリーズなどのデザインを手がけられ、2002年まで、カスタムショップの最終検品責任者を勤められていたそうです。

一方J.W.Blackさんも、同じくFenderのカスタムショップ出身。とくに69年以前のヴィンテージフェンダーに造詣が深く、おつくりになられるギターも、そのようなテイストを持ったギターたちでした。

そのほかにも、G&LやTokaiさんの展示がありました。

でも、今年一番興味深かったのは、JohnPageさんのギターに搭載されていたギターのブリッジです。
PA0_0110.jpg
サドルがエボニーでできていて、弦の当たるところは、アルミのフレットワイヤーでできています。もちろん、材木にネジを通して出し入れしていると、ネジがバカになるので、樹脂のようなもので固めてあるそうです。

今までにない音がしていました。個人的には、なかにピエゾを仕込んだら、面白いだろうなと思いました。

帰りには、結構なお土産までいただいてしまいました。本当に良かったのでしょうか。繰り返しになりますが、黒澤楽器の皆様、それから、田村先生、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/924-a3a341b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。