ギター寅さんの日記 |2011年11月13日 しかるべき「大人としての責任」を取ろうと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/950-302047a3

トラックバック

コメント

[C54] えっ!

僕が口出しするのもおこがましいですが、廃業することによって、更に他の方にも迷惑がかかってしまうのではありませんか?
繋がっていたルートが断ち切られることになるんじゃないですか?
「んなこと、判っとるわ!」って言われるかもしれませんが…



そうならないことを祈ってます
  • 2011-11-13 22:59
  • くっでい
  • URL
  • 編集

[C55] クッディへ

心配かけてすまんなあ。仮に、廃業ってことになっても、俺の仕事を引き継いでくれる人は、いっぱいいます。廃業を考えたときに、そういう風に引き継いでくれそうな人が一杯いるということに気がついたとき、俺って幸せなんやなあって思ったわ。まあ、そんなことがないようにうまく立ち回るつもりやけど、そのときはそのときで。嫁さんの里にでも引越しして、百姓やるか、仏門にでも入るわ。
  • 2011-11-15 08:40
  • ギター寅さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2011年11月13日 しかるべき「大人としての責任」を取ろうと思います。

どうやら僕は、一人の若者をおそらくは確実に導き損ね、その人生を台無しにしてしまうようです。そして、その彼がしくじることによって、おそらくは様々な方面に迷惑をかけることになると思います。

彼を、僕たちと同じ業界に引き込んだのは他でもない僕自身です。そして、彼をたきつけ、仕事をやるように、「がんばれ」とけしかけたのも僕です。

ショップを始めて丸4年、僕は今、廃業を覚悟しています。

いわゆる、社会人として、あるいは、商売をする人間として、またあるいは、楽器屋としてしかるべき方向性を彼に示し続けてきたつもりでした。

それを彼がどう捉えたのかは、それは僕の問題ではありませんが、確実に多方面でいろいろなトラブルを起こしています。

彼がこの先どうなるのかは、無責任かもしれませんが、知ったことではありません。でも、彼が原因で、これから様々な迷惑をこうむるであろう皆様に対しては、「僕は知らない」では済まされません。

確実にいえることは、彼が取り返しの付かないことをしでかしたときは、けしかけた僕の責任です。世間様に対して僕が取るべき「大人としての責任」の取り方とは、僕がこの業界から身を引くこと以外にありません。

この世界に引き込んだ人間として、きちんとオトシマエをつけようと思っています。そのときは、この身をもって、彼に「腹の切り方」を教えるつもりです。

ようやく事業として軌道に乗りかけたときに、こういう形で自ら引導を渡すことになれば、それはとても残念なことではあります。

けれど、なによりも、ギターを愛する一人の若者を、まともに導くことすらもできずに、皆様に愛される品物やサービスなどを、作りだせるわけがありません。

僕は彼を見ていると、今まで自分のしてきたこと、言ってきたことがいかに軽かったのかを思い知らされます。僕こそ、自分が一番嫌っている軽薄な人間だったのです。

おそらく、年明けには結果がわかるでしょう。それまでは、自分のやっていることが正しいと信じて、全力で仕事を続けるつもりです。もちろん、通常通り営業を続けますので、何卒、皆様よろしくお願いいたします。


::::臨時休業のお知らせ::::
11月19日・20日 東京方面へ出張兼旅行のため臨時休業いたします
ご不便をおかけしますが、以上よろしくお願い申し上げます。

::::お知らせ::::
110915_1058~01
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://guitartiger.blog54.fc2.com/tb.php/950-302047a3

トラックバック

コメント

[C54] えっ!

僕が口出しするのもおこがましいですが、廃業することによって、更に他の方にも迷惑がかかってしまうのではありませんか?
繋がっていたルートが断ち切られることになるんじゃないですか?
「んなこと、判っとるわ!」って言われるかもしれませんが…



そうならないことを祈ってます
  • 2011-11-13 22:59
  • くっでい
  • URL
  • 編集

[C55] クッディへ

心配かけてすまんなあ。仮に、廃業ってことになっても、俺の仕事を引き継いでくれる人は、いっぱいいます。廃業を考えたときに、そういう風に引き継いでくれそうな人が一杯いるということに気がついたとき、俺って幸せなんやなあって思ったわ。まあ、そんなことがないようにうまく立ち回るつもりやけど、そのときはそのときで。嫁さんの里にでも引越しして、百姓やるか、仏門にでも入るわ。
  • 2011-11-15 08:40
  • ギター寅さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ギター寅さん

Author:ギター寅さん
※なお、このブログの文章や写真、ファイルなどに付きましては、管理人ギター寅さんこと古谷周治は権利を放棄しておりません。引用・転載ご希望の方は、www.gwnn.infoまでご一報ください。無断引用・転載を発見しました場合は法的措置を取らせていただく可能性がありますので、十分ご注意ください。



1994年 京都精華大学人文学部人文学科卒業 8年間の仏具製作卸売会社勤務の後・・・、

2002年 ESPギタークラフトアカデミー大阪校本科修了、

2003年 アメリカ・アリゾナ州Roberto-Venn School of Luthiery秋クラス修了、

2004年 サンフランシスコでエレキギター工房、CenterLineGuitarsの立ち上げに参加

帰国後は木工職人、楽器店の修理担当をへて、現在に至る。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。